家を買わない「賃貸生活」向く人向かない人の差

賃貸のメリット・デメリットをいま一度整理

その理由は、高齢者に貸す際に抱える貸し主側の心配が、家賃の滞納への心配だけではないからです。高齢者は、長期間入院しがちなため家賃の滞納リスクも高まる印象があります。

加えて、心配されているのは「孤独死」です。遺体の埋葬、荷物の処分、部屋のクリーニングなどをしないと次の借り手を見つけられず、かつ、以後の借り手の家賃を引き下げざるをえなかったり、借り手が見つからず無収入になったりするリスクもあるのです。

そのため、ずっと賃貸でいく場合は物件を根気よく探す努力が必要です。

「退職後の暮らし」から決めるのが正解

「借りる」ことは一生涯を通し可能な選択肢ですが、もう一方の「買う」という選択肢にはタイムリミットがあります。買うとなると、現金で全額支払えない場合は、住宅ローンを借りて銀行などに売買代金を立て替えてもらって、数十年間にわたり分割払いしていくことになります。

このとき、銀行が数千万円もの大金を貸してくれるチャンスは、基本的に、安定した就労収入がある現役時代に限られています。言い換えれば、住宅ローンを組むほどの高額な物件を買うか買わないかで悩むことができるのは、就労収入がある間だけ。そして、買うことができるタイミングは、現役時代か退職金をもらったときの二択ということに。

『書けばわかる! わが家にピッタリな住宅の選び方・買い方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

あとで後悔しないためにも、「退職後の暮らし」のイメージを早めに家族で共有しておくとムダがありません。例えば、「退職後は家族と海外や田舎で暮らしたい」という希望があるなら、自分以外の家族も移住がOKなのかどうか、早めに把握しておくという割と簡単な話です。

幸運にも、家族の意見が同じ方向性であったなら、退職するまでは賃貸暮らしを続けて住居費をうまく抑え、貯蓄に励み、将来の移住資金や長期滞在資金に備えるといいでしょう。

人生100年時代。豊かな老後を送るためにも、人生の終わりを今からイメージして自分にピッタリな住まいを見つけましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT