「方法論やフレームワーク」が実は使えない理由

ビジネスを面白くする「正解のないモヤモヤ」

丸善丸の内本店でのトークイベント。左が内田和成氏、右が楠木建氏。(撮影:黒坂浩一)
法則、良しあし、ロジック、スキル、方法論を左脳領域として、アート、センス、カン(感、勘、観)、好き嫌いを右脳領域とする場合、ビジネスはあまりにも左脳偏重ではないか。そう主張するのは、2人のビジネススクール教授。1人は早稲田大学ビジネススクール教授で『右脳思考』の著者・内田和成氏、もう1人は『ストーリーとしての競争戦略』『すべては「好き嫌い」から始まる』などの著者、一橋ビジネススクール教授の楠木建氏である。両氏が右脳領域を活用する重要性やその磨き方について、丸善・丸の内本店で議論した。

左脳偏重は「月光仮面」と「寅さん」で説明がつく?

内田和成(以下、内田):映画、食べもの、ファッションなど私生活では好き嫌いを隠すことはないのに、仕事になると、好き嫌い、面白い、つまらないという気持ちを抑え込んで、ロジックの正しさや良しあしを優先させる。これは人間としてどうか、という問題意識から『右脳思考』を執筆しました。 

『右脳思考』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

楠木建(以下、楠木):いくら仕事だといっても、良しあしだけでやっていくのはそもそも人間として無理がありますね。無理があるどころか、肝心の成果が出ない。例えば、ものすごくプレゼンテーションのスキルはあっても、一向に話が面白くない人がいる。英語の読み書きのスキルが異様にあっても、シェイクスピアのような美文は書けない。

内田さんのいらっしゃったコンサルティング業界でも、あれだけロジカルでスキルの高くスマートな人々が大勢いても、実際のところ顧客から仕事をとってくることができる人は限られている。それなのに、なぜ仕事になると、良しあしやスキルを優先させて、好き嫌いやセンスを軽視するのか。ここは僕も疑問に思うところです。

次ページ月光仮面の仮面の下から寅さん
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT