就職人気ベスト300、三菱東京UFJが3連覇

2015年卒学生が選ぶ、人気企業300社ランキング【前半版】

資生堂は35位から61位に後退

51~100位では、女子に人気の資生堂が、業績面での停滞感もあり、35位から61位に順位を下げた。一方、女性の経営層への進出が着実な企業の一角であるジェイアール東日本企画などは、89位から81位へと浮上。明暗を分けた。

また上位50社だけで見るとマスコミ人気は下落傾向だが、朝日新聞社は126位から65位にランクアップ。これは学生への就職情報提供などが功を奏しているとみられる。

時価総額首位で、「日本の顔」であるトヨタ自動車は、87位から77位にランクアップした。タイの洪水の影響か、前年度トップ100位から姿を消していたホンダはちょうど100位で、下落傾向に歯止めがかかったといえそうだ。ちなみに日産自動車は169位で、前年の162位からわずかながら順位を下げた。なお、51位のKADOKAWAについては、前年度は角川書店の順位を掲載している。

次ページ東京五輪決定を反映、「お・も・て・な・し」人気も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。