英会話ネット学習はこんなにも進化している

古参レアジョブの創業から12年、業界の課題

約8割の人に挫折経験があるといわれる英語学習。どのように学習を継続するかが課題となっている(デザイン:池田 梢)

インターネットの通話ツールを使って外国人と会話するオンライン英会話サービス。今ではビジネス特化型などサービスが多様化しており、群雄割拠の状態だ。

『週刊東洋経済』は6月3日発売号で「最短やり直し英語」を特集。英語学習において、最短時間で効果を上げ、かつ学習を継続するためのメソッドを紹介している。そこで取り上げたひとつが、オンライン英会話業界の足元の勢力図である。

業界の草分けといえるのが、2007年創業のレアジョブ。まだ英語を話すには英会話スクールに行くか、留学するしか選択肢がなかった時代、いち早くオンライン英会話サービスを確立させた。創業メンバーの1人である中村岳社長は、「当時は英語を気軽に話せる機会の少なさが社会課題だったが、オンライン英会話でその課題は解決した」と胸を張る。

自動採点システムを開発

中村氏は今、次の課題を見据える。「せっかくオンライン英会話を始めても、成果を出せずに途中で辞めてしまう人がいる。確実に成果を出してもらうために、動機づけと個別学習の2つに注力する」と話す。

『週刊東洋経済』6月3日発売号(6月8日号)の特集は「最短やり直し英語」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

動機づけでは、個人向けとして英語コーチング塾の「レアジョブ本気塾」を運営。レアジョブで蓄積した学習コンテンツを武器に、競合他社と差別化している。また法人向けでは2018年秋、「スマートメソッドコース」という成果保証型の研修を新設。「一人ひとりの弱点を見つけて伸ばすことで成果にコミットする」(中村氏)。

個別学習では、人工知能(AI)を用いたスピーキングテストの自動採点システムを開発している。現状は人力で採点しているが、時間を要して数をさばけないのがネック。AIで採点時間を圧縮できれば、課題をタイムリーに認識でき、学習に反映しやすくなる。

さらに「成長の可視化も狙っている」と中村氏。「例えばレッスンを録音してデータ分析すれば、3カ月前の自身の会話と比べた単語数の伸びがわかる。成長が可視化されれば、英語学習のモチベーションにもつながる」(中村氏)。

次ページ2010年代以降の成長組は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。