32歳「元専業主婦」の彼女がのめり込む書く現場

一時は編集長に、世界を旅しながら綴っていく

卒業後も「留学したい」という夢はあったが、資金は全然足りず。また家族が病気で倒れたこともあり、まずは普通に就職することに決めた。

「出版社で編集者になりたいという夢があったんですけど、全部ダメでした。入社させてくれた会社は『三井住友カード』でした。港区の高層ビルにスーツを着てヒールを履いて出勤していました」

営業職で、クレジットカードはどういうものか、行員さんに勉強会をするなどの仕事をしていた。そして会社員として働いているときに、一度結婚をした。

「私はこれでいいのか?」

「ハワイに新婚旅行に行きました。チルで(くつろいで)働いている人たちを見て、『なんで私は週5で働いているんだろう。電車に乗って毎日同じ場所に通って。3年後も5年後も同じいすに座っているの?』って感じました。それにまだ出版社に行く夢も捨てられませんでした」

旅行中にいったん会社を辞めようと思った。新婚旅行から帰ってきた月に、辞表を出した。

「今思えばとてもいい会社でした。仕事も楽しかったです。福利厚生もちゃんとしていました。もう二度と入れてもらえないでしょうね(笑)」

24歳でいったん専業主婦になった。

ハローワークに通い失業手当てをもらいながら、転職活動をはじめた。

「当たり前ですけど前職と近い業種からしか転職のオファーが来ないんです。出版社への道は厳しかったです。アルバイトとして出版社で働くという手段もあったのですが、当時は『正社員じゃないと嫌だ』というプライドがありました」

そして転職エージェントに登録して見つけた転職先が講談社だった。ただし編集職ではなくアシスタント職だった。広告主に見本誌を送ったり、色校正をしたりと総務的な仕事をする部署だ。

「いったん出版社に入ったら、社内異動で編集にいけるんじゃないかと思ってました。でもそんなことは全然なかったです(笑)。世の中甘く見てましたね」

2014年2月、それならばと講談社で働きながらウェブでライター職を始めようと決めた。

「記事1本500円の原稿料の媒体を見つけて、履歴書を送ってOKですって言われました。その媒体で記事を書きためてポートフォリオ(作品集)にして、1本1000円の媒体に送りました。そして1000円の媒体で書きためて、2000円のところに……と徐々に原稿料の高い媒体へ移行しました。履歴書にはちゃっかり『講談社に勤務しています』と書いたりしてました(笑)」

次ページ思いきって講談社を退職
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。