西友のダイバーシティが一歩先行く理由

組織図にない組織が活躍

西友 人財部シニア・ディレクター 南由紀

流通業界は、女性従業員が多いこと、主婦をはじめとする女性がメイン顧客であることなどから、ダイバーシティ、特に女性の活躍推進が進んでいることが多い。西友もそのひとつだ。

同社は以前から女性の活躍推進に取り組んでおり、たとえばパート社員の正社員への登用を積極的に行っていたが、2008年に米ウォルマートの完全子会社になってから、その取り組みはさらに加速した。ウォルマート流のダイバーシティ推進の方法を、人財部人財企画/開発シニア・ダイレクターの南由紀氏に聞いた。

2015年までに女性店長比率を2倍に

──なぜダイバーシティの推進が御社にとって経営課題なのでしょうか。

弊社のアソシエイト(社員)は約8割が女性だ。そのため女性にいかに活躍してもらうかは重要な経営課題であり、長年、ダイバーシティの推進に向けた取り組みを行ってきた。

しかし、2002年にウォルマートと業務提携、2008年には同社の完全子会社となったことで、ウォルマートのダイバーシティ活動の取り組みについても情報共有が図られた。すると、まだやれることがあるということがわかった。

ウォルマートでは、ダイバーシティではなく、ダイバーシティ&インクルージョンと表現している。インクルージョンは包含するといった意味だ。ダイバーシティが多様性を組織に取り入れることを主眼とするのに対し、ダイバーシティ&インクルージョンは一歩進んで、全員が公平に組織に参加できるような環境・風土作りを主眼とする。

つまり、さまざまなバックグラウンドを持つアソシエイトを受け入れるだけではなく、チームとして活躍してもらえるような環境・風土作りを進めるといった意味だ。

次ページ組織図にない組織が活躍
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。