西友のダイバーシティが一歩先行く理由

組織図にない組織が活躍

すぐにダイバーシティ活動の成果は出ない

──6年間でいろいろなことに取り組んできたのですね。

年初にかっちりとした計画を立てるのではなく、先ほどお話した「ヒアリングセッション」などを通じてアソシエイトの声に真摯に耳を傾け、柔軟性をもって活動に取り組んでいる。

ダイバーシティ推進活動はすぐに成果が出るものではない。当社では2004年の正社員登用制度から数えると約10年、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する活動を行ってきた。その中で、パート社員の正社員への登用人数が増えるなど、徐々に結果が出ている。やはり、継続が重要だ。

──今後の取り組み予定は何かありますか。

店舗におけるダイバーシティ&インクルージョン推進ということになると思う。店舗の女性アソシエイト支援としては、2013年は「女性アソシエイトセッション」を関東で3回開催した。

店舗で働く女性アソシエイトによるディスカッションや、女性店長・Co-Mgr(副店長)によるパネルディスカッションを行い、現在、抱えている課題や今後のキャリア目標などについて考える機会となった。今後は、「DCカウンシル」をモデルにしながら店舗にも活動を広げていきたい。

また、当社には西友サービスという特例子会社があり、障害者雇用にも積極的に取り組んでいる。印刷業務、事務処理業務のほか、店舗にも相当数の障害者が働いている。また外国人もいるし、他社からの転職者も多い。多様性が高い会社と自負しているが、今後も取り組みを強化していく予定だ。

(撮影:今井康一)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT