61歳「女子プロレス」に賭けてきた男の激闘人生

人気団体「スターダム」はこうして生まれた

「それなら、そうするかと思って1978年の正月から毎日、千葉から会社に通いました。頼まれてもないのに会社に行って、『なんか仕事ないですか?』って聞いていました」

チケットの裏にハンコを押すなど雑用を任された。そして仕事の後は、連日会社の人たちと一緒にキャバレーに行った。お金はあまりなかったが、おごってもらえたので苦しくはなかった。

「そうしたら『そんなに好きなら入れてあげるよ』って言われました。実際、そこまでして会社に入りたかったかは疑問です。先輩に『入ったらいい』って言われたから漠然と従った感じでした。

当時は本当に働くことなんて、まったく考えてなかったんですよ。仕事しないで、ファン活動を続けていられたらいいなと思っていたんです。

ただそれでも、会社に入ってしまったら、単純にテレビを見ていたのとは変わりますから。自分の中でランクを上げなければならないと思いました」

当時、ビューティーペアの人気は高かったとはいえ、まだ女子プロレスは一般的にあまり知られていなかった。頑張れば、すぐに1番になれると思っていた。

「ただ会社は同族会社だったので、絶対にトップにはなれないんだなってすぐに気づきました。だったらクビにならないように、自分の好きなことをやろうと思いました」

一見さんでも楽しんでもらえるのがプロレス

会社での仕事は、自分で作らなければいけなかった。当時、社内には広報、宣伝の部署がなかったので自分でつくった。

「ほかの社員はみんな興行をやることが中心で、プロレスには興味がなかったんですよ。社内で興味があるのは自分だけでした。

タイトルマッチの記録すらなかったんです。プロレスとして認知されるには、公式の記録が必要です。新聞のスクラップブックだけはあったので、それを見ながら

『これが初代チャンピオンで、2代目はこれで、3代目はこれかな』

と自分で記録を作って、それをオフィシャルのデータにしました。

大会ごとのポスターも、自分がイメージするプロレスのポスターとは違ったので、文句を言い続けました。そうしたら『お前がやれ』って言われて、僕が作ることになりました。自分でなんとかラフを書いて印刷屋に注文しました」

そんな中、社長に

「お前はプロレスマニアかもしれないが、プロレスの興行というのは、初めて見に来た一見の客を楽しませるのが大事なんだ」

と言われた。

「当時は、何言ってるのかさっぱりわからなかったですね。でも今思えば、的を射た考え方だと思います。知識がない一見さんでも楽しめるというのはとても大事なんです」

次ページ組織の中でもがいていた20代前半
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT