61歳「女子プロレス」に賭けてきた男の激闘人生

人気団体「スターダム」はこうして生まれた

「そろそろ自分の出番はなくなってるのかな? と思って独立することにしました。40歳でした。3人ほど選手がついてきてくれました。全部で14~15人の選手が辞めました。会社としては支払いに切迫していたので、辞めてもらって内実ホッとしていたかもしれません」

ロッシーさんは新団体『アルシオン』を立ち上げた。今までと同じことをしていては、全日本女子プロレスには勝てないと思い、新しいスタイルで活動することにした。各団体の人気選手を引き抜いていくという、アグレッシブな行動をとった。

しかし毎年のようにもめ事が起こり、5年後にはプロレス団体として機能しなくなってしまった。2003年になり、ロッシーさんは表舞台から身を引いた。

「僕は面白い話があるとすぐ乗っちゃうんです。あんまり考えてない。やる or やらないで迷ったら、とりあえずやっちゃいます。もちろん最悪の事態にならないようリスクは考えますけど、損もだいぶしました。でもだますよりはだまされたほうがいいですね」

アルシオンから身を引いた後は、なかなかうまくいかなかった。

ホームレス状態から抜け出せない絶望感を味わう

一時期は、住居を失ってしまい、キャンピングカーによる車上生活を余儀なくされた。

「最初は半分冗談のつもりでホームレス生活を始めたんですよ。でもなかなか抜け出せなくなってしまいました。12月の寒い時期でしたから、絶望感がありました」

早い時間にキャンピングカーにいてもすることはなく、ただ虚しくなるだけだった。

しかたなくファミリーレストランに行って、夜中の2~3時までいて、それから自動車に帰って寝た。

「夕方4時になると、銭湯に入りに行くんですよ。20歳で東京に来てアパート借りたとき、風呂なしだったんです。銭湯に通いながら、『一生銭湯ぐらしは嫌だな』と思ってたんです。それで40代後半になってまた銭湯生活に戻っちゃったんです。絶望感ありましたね。この状態から、抜け出さなければならないなって」

そんなとき、ある団体から

「うちに来て手伝ってもらえませんか?」

と声がかかった。運がいいと言うよりは、それまでのロッシーさんが得てきた経験が、土壇場で彼を助けたと言えるだろう。

次ページまともに戻った生活
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。