苦節15年、「シワ改善コスメ」開発の舞台裏

ポーラの女性研究者が挑んだ研究の日々

日本初、シワ改善美容液の開発に携わったポーラ化成工業の末延則子さんに話を聞いた(撮影:尾形文繁)

2017年1月1日。その年の化粧品市場を揺り動かすことになる1本の美容液がポーラから発売された。その名も「リンクルショット メディカル セラム」(以下、リンクルショット)。

日本初のシワを改善する美容液だ。シワ関連の化粧品については、従来「乾燥による小ジワを目立たなくする」といったように表現の範囲が限定されていた。だがリンクルショットは厚生労働省から医薬部外品(薬機法によって定められた化粧品と医薬品の間の製品)として承認を受けたことで「シワを改善する」と言い切ることができるようになった。

ポーラからリンクルショットが発売されると、資生堂も後を追うようにシワ改善クリームを発売。さらに2018年に入ってからはコーセーもシワ改善クリームを発売するなど、リンクルショットは化粧品業界の起爆剤となった。リンクルショットの売り上げは、発売からわずか1年の2017年12月までの累計で約130億円。シワ改善美容液を発売していない某大手化粧品メーカーの社員は「1つの商品で、短期間でここまで売上を出すのは難しい」と舌を巻く。

医薬品と化粧品の境目をなくす

リンクルショットの開発の中心人物となったのが、ポーラ化成工業の末延則子・取締役執行役員だ(以下、敬称略)。ポーラ化成工業は、ポーラ・オルビスホールディングスが販売する化粧品の研究開発と製造を担っている。末延が入社した当時、ポーラ化成工業では化粧品だけでなく、医薬品の研究開発も行っていた。

大学院で薬学研究科を修了した末延は、入社以来医薬品の開発に長く携わっていた。だが「2、3年に1回は研究テーマが変わる。これでは何も残らないのではないか」。当時の部長とやりあうことさえあった。

2002年、そんな末延に部長からあるミッションが言い渡された。それは「化粧品と医薬品を越える新しい何かを作る」というもの。早速医薬品と化粧品の開発者が呼び集められた。

だが、そもそも化粧品と医薬品の考え方は水と油。医薬品の開発期間は10~15年、副作用と効果のバランスが求められる。一方で化粧品は長くて2~3年。化粧品は毎日安心して使ってもらえることが第一だ。議論がかみ合わないこともあったが、言いたいことは何でも言い合える雰囲気だった、と末延は振り返る。

次ページシワができる原因を究明
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。