認知症予防にオレンジジュースが効く可能性

毎日飲むとリスクが50%下がる研究結果も

食後や仕事中の飲み物といえば、コーヒーや紅茶になってしまいがちですが…(写真:Ushico/PIXTA)
ランチなどでドリンクがセットで付いている時、あなたは何を選ぶだろうか? コーヒー? 紅茶? 今後は、もしあれば100%のオレンジジュースを選ぼう。

男性の場合、「軽くコップ1杯のオレンジジュースを毎日飲み続ければ、認知症のリスクが50%下がる」という研究結果がこのほど発表されたのだ。

米ハーバード大学のチャンジョン・ユアン氏率いるチームがこの研究を行い、米国神経学アカデミー学会の会誌「ニューロロジー」に結果を発表。英デイリーメール紙や南アフリカのhealth24.comなどが報じた。

2万8000人弱を対象に20年近くにわたり調査

対象となったのは米国の男性2万7842人で、調査を開始した1986年の時点での平均年齢は51歳だった。野菜と果物、果物でできた100%ジュースの摂取がどれほど後年の脳の主観的な認知機能に影響するかを調べるため、20年近くにわたり調査を行った。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

「ニューロロジー」によると、参加者は2002年まで4年おきに、食事内容に関するアンケートに答えた。その後、2008年と2012年に主観的な認知機能を見るためのテストを行った。内容は、思考能力テストと記憶能力テストだ。結果は、野菜、果物、100%ジュースを多く摂った人ほど、認知機能が衰えにくいことがわかったという。

参加者のうち、野菜を最も多く摂ったグループは、1日のうちに6皿分の野菜(この場合の1皿は生野菜1カップまたは葉野菜2カップ)を食べた。最も少なかったグループは1日に2皿分の野菜しか摂らなかった。

次ページオレンジジュースを毎日飲むと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT