ユニーク採用の雄、サイバーAはここまでやる

キャンプファイヤーでその人の「何」を見るか

何日も来社したり、宿泊したりして、じっくりワークショップを行うプログラムが多いのも特徴だ。現場の社員が何日もつきっきりで、インターンシップ生に時間を割いている。それだけ密に接すれば、能力や人間性を測れ、学生も会社のことを良く知ることができるだろう。

プログラムを通して「リアルがわかる」という声が多いという  (写真:サイバーエージェント)

しかし、ここまで濃密にプログラムを行うと、現場の社員から「負担が大きい」と悲鳴があがることが多い。サイバーエージェントで成り立っているのは、会社側がインターンシップに関わる社員の負担を軽減するよう、バックアップしていることも大きい。

土日に出社した場合の代休の取得は当然として、現場の仕事が忙しい場合、インターンシップにはアサイン(担当割り当て)させないといった配慮を行っているという。特定の社員に負担が片寄らないよう、かなり気を遣っているという。こういう措置がとれるのも、会社ぐるみのプロジェクトという前提があるからだろう。

また、「デザイナー社員に作品を見てもらう会」や「最新技術の勉強会」など、さまざまなプログラムやイベントを用意して、学生が社員と接する機会を設けている。中には、社内の複数のインターンシッププログラムに参加する、という学生もいるという。

「リアルが分かる」と学生から評価

こうした取り組みによって、学生の要望には応えられている、と石田氏は言う。

「学生さんからの質問で多いのは、『リアルを知りたい』という声。『労働環境について、ホームページではこう書かれているけど、実際はどうか』『さまざまな賞を受賞しているスター社員だけでなく、普通の人ともお会いしたい』など、全部見てから入りたい学生さんが多い。そうした要望に対して、私たちは何も隠さず、実際に働いてみて隅々まで見てください、というスタンスで取り組んでいる。その点は評価されていると思います」

さらにインターンシップでは、「学生を学生扱いしないで、いっしょに働く一人の仲間として接する」ように心がけているという。お客様扱いせず“仲間”として認めることで、学生もその「会社のメンバー」になっているという意識が芽生える。そこから同社に対する愛着も生まれる要因にもなっている。

最近の学生の傾向として「この人といっしょに働きたい」という、”人の存在“が、就職する会社を選ぶ決め手になっている。実際、サイバーエージェントでも、「〇〇さんといっしょに働きたいから選んだ」という学生がかなり増えているという。

現場の社員がしっかり採用に関わり、学生と接することで、会社も本当にほしい人が採用できるし、就活する学生も納得して入社できる。売り手市場を考えれば、サイバーエージェントのような「社員全員が採用担当」の仕組みは、他の会社でも広がっていきそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT