「採用数が多い会社ランキング」トップ300社

2位三菱電機、3位大和ハウス、銀行以外が浮上

今年の採用数ランキングでは2位に入った三菱電機。上位にはメガバンク以外の台頭が目立った (撮影:梅谷秀司)

大卒生の内定率は、かつてない水準に達している。厚生労働省が発表している「大学等卒業予定者の就職内定状況」によると、2019年卒生の10月1日時点の就職内定率は、77.0%。1997年の調査開始以降で、最高の数字となっている。

「就職四季報」特設サイトはこちら

それに呼応するように、就職活動を控える学生の間に、「なんとかなるだろう」という風潮が高まっている。リクルートワークス研究所が公表している、最新(2019年卒)の大卒求人倍率調査は1.88倍。相当な売り手市場と見てよい数値だ。ただ、従業員規模5000人以上の会社に絞れば0.37倍と、依然狭き門であるし、人数を絞る業界や会社が存在するのも事実。何より就活生にとって、こうした傾向や会社ごとの採用数を把握することこそ、重要である。

ここで、東洋経済新報社が11月30日に刊行した『就職四季報2020年版』(「総合版」および「女子版」「優良・中堅企業版」を同時刊行)から、「新卒採用が多い会社」を集計し、採用数100人以上の会社294社をランキング形式で紹介していきたい。

売り手市場でも採用数を絞る企業は少なくない

対象となるのは「総合版」掲載の1286社のうち、「修士・大卒採用数」(2019年4月入社予定)に有効回答があった1244社。なお調査時点は原則2018年8月で、会社によってはその時点での内々定者数や、予定・計画数の場合もある。また、前年の同じ時期に調査した内定者数も併せて掲載し、前年からの増減がわかるようにしている。

次ページ首位は三菱UFJ銀行だが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT