「採用数が多い会社ランキング」トップ300社

2位三菱電機、3位大和ハウス、銀行以外が浮上

今年の採用数ランキングでは2位に入った三菱電機。上位にはメガバンク以外の台頭が目立った (撮影:梅谷秀司)

大卒生の内定率は、かつてない水準に達している。厚生労働省が発表している「大学等卒業予定者の就職内定状況」によると、2019年卒生の10月1日時点の就職内定率は、77.0%。1997年の調査開始以降で、最高の数字となっている。

「就職四季報」特設サイトはこちら

それに呼応するように、就職活動を控える学生の間に、「なんとかなるだろう」という風潮が高まっている。リクルートワークス研究所が公表している、最新(2019年卒)の大卒求人倍率調査は1.88倍。相当な売り手市場と見てよい数値だ。ただ、従業員規模5000人以上の会社に絞れば0.37倍と、依然狭き門であるし、人数を絞る業界や会社が存在するのも事実。何より就活生にとって、こうした傾向や会社ごとの採用数を把握することこそ、重要である。

ここで、東洋経済新報社が11月30日に刊行した『就職四季報2020年版』(「総合版」および「女子版」「優良・中堅企業版」を同時刊行)から、「新卒採用が多い会社」を集計し、採用数100人以上の会社294社をランキング形式で紹介していきたい。

売り手市場でも採用数を絞る企業は少なくない

対象となるのは「総合版」掲載の1286社のうち、「修士・大卒採用数」(2019年4月入社予定)に有効回答があった1244社。なお調査時点は原則2018年8月で、会社によってはその時点での内々定者数や、予定・計画数の場合もある。また、前年の同じ時期に調査した内定者数も併せて掲載し、前年からの増減がわかるようにしている。

次ページ首位は三菱UFJ銀行だが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。