一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

むしろ「ひとりランチ」したい女性たち

女性のスコアは10pt以上落ちており、全体の低下を牽引しています。「一人で外食することは抵抗はない」、男性向けのイメージが強かった「立ち食いそばのようなお店でも恥ずかしくない」と、外食についての女性の意識は、だいぶ変わってきています。これが、街で見かける、一人でランチをする女性の増加にもつながっていそうです。

ランチは一人で過ごせる貴重な時間という考え方に

この背景にはどんなことがあるのか。大きく分けて2つほど要因が挙げられるように思います。

① 一人を気にしていられなくなった

平成の期間中、女性に関して大きく変化したことと言えば、「共働き世帯」の増加。厚労省「厚生労働白書」等によれば、共働き世帯数は1992年に初めて専業主婦世帯数を上回り、その後も継続的に増加。今では完全に逆転してしまいました。

図3

平成はまさに「女性の社会進出」が大きく進んだ時代。仕事量も、立場も、責任も、次第に大きくなっていく女性が増え、忙しさの面でも男性との差がなくなってきています。

さらに子育て中の世帯であれば、女性が早めに仕事を切り上げて帰るパターンも多く、そのぶん女性のほうが時間に追われている部分もあるでしょう。

先日も、コンビニのイートインスペースのテーブルに突っ伏して昼寝をしているスーツ姿の女性を見かけました。かばんも大きく膨らんで重たそう。ハードに仕事をこなしつつ、移動中や、案件と案件のスキマ時間に、一人でもとにかく昼食を……そんな女性が増えているのではないでしょうか。

次ページもう1つの原因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT