コンビニは「糖質制限ランチ難民」の救世主だ

「隠れ糖類」を取らないためのチェック法

コンビニは糖質制限食に向いた食品がいろいろあります(写真:amadank/PIXTA)
糖質制限食を実践するための賢いコンビニの活用法について、『男・50代からの糖質制限』を上梓した江部康二医師が解説する。

コンビニの上手な利用法

糖質制限食を始めたビジネスパーソンが、「ランチ」で少し苦労しているという話はよく聞きます。糖質制限メニューのあるレストランはまだまだ少ないですし、糖質オフの弁当を毎日作っていくのも大変でしょう。

『男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そこで、けっこう使えるのがコンビニエンスストアです。お店の数が多くて利用しやすいですし、最近のコンビニでは食品の栄養表示がきちんとしていて、糖質量を確かめやすいのも利点です。

でも、コンビニでいちばん良いことは、何といっても糖質制限食に向いた食品の多彩さでしょう。

たとえばコンビニで、卵入りのサラダとおでん、それに鶏のから揚げなどを買って昼食にすると、糖質をかなり制限できます。コンビニのおでんなどは、500円から600円も出せば4、5品買えますから、さほど財布を痛めずにお腹をかなり満足させられます。

特に寒くなってきたいまの季節は、おでんがおいしく感じられます。こんにゃく、大根、玉子など、おでんには糖質の少ないネタがいろいろあります。ただし、だし汁には砂糖が少し使われているので飲まないようにしてください。また、さつま揚げなどの練り物は、つなぎにでんぷんが多く使われているので避けるのが無難です。

次ページサラダチキンなどもおすすめ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT