コンビニは「糖質制限ランチ難民」の救世主だ

「隠れ糖類」を取らないためのチェック法

コンビニは糖質制限食に向いた食品がいろいろあります(写真:amadank/PIXTA)
糖質制限食を実践するための賢いコンビニの活用法について、『男・50代からの糖質制限』を上梓した江部康二医師が解説する。

コンビニの上手な利用法

糖質制限食を始めたビジネスパーソンが、「ランチ」で少し苦労しているという話はよく聞きます。糖質制限メニューのあるレストランはまだまだ少ないですし、糖質オフの弁当を毎日作っていくのも大変でしょう。

『男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そこで、けっこう使えるのがコンビニエンスストアです。お店の数が多くて利用しやすいですし、最近のコンビニでは食品の栄養表示がきちんとしていて、糖質量を確かめやすいのも利点です。

でも、コンビニでいちばん良いことは、何といっても糖質制限食に向いた食品の多彩さでしょう。

たとえばコンビニで、卵入りのサラダとおでん、それに鶏のから揚げなどを買って昼食にすると、糖質をかなり制限できます。コンビニのおでんなどは、500円から600円も出せば4、5品買えますから、さほど財布を痛めずにお腹をかなり満足させられます。

特に寒くなってきたいまの季節は、おでんがおいしく感じられます。こんにゃく、大根、玉子など、おでんには糖質の少ないネタがいろいろあります。ただし、だし汁には砂糖が少し使われているので飲まないようにしてください。また、さつま揚げなどの練り物は、つなぎにでんぷんが多く使われているので避けるのが無難です。

次ページサラダチキンなどもおすすめ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT