一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

むしろ「ひとりランチ」したい女性たち

前述の長期時系列調査「生活定点」では、生活上のさまざまな意識・行動を継続的に聴取しているのですが、その中にはこんな調査結果があります。

「一人で外食することは抵抗ない」
全体:1998年46.2%→2018年49.1%

全体では大きくは変わっていないように見えますが、男女を分けてみると、

男性:1998年59.0%→2018年57.6%
女性:1998年33.0%→2018年40.5%

と、「抵抗がない」女性が徐々に増えていることがわかります。

図1

「立ち食いそば」はもう、恥ずかしくない?

もうひとつ、こんなデータも。

●立ち食いそばを食べるのは恥ずかしい
全体:1998年18.1%→2018年9.5%
男性:1998年5.0%→2018年1.6%
女性:1998年31.6%→2018年17.5%

 

図2

20年かけて継続的に下がり続け、今年、過去最低を更新しました。

次ページ「女性の社会進出」が関係
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。