一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

むしろ「ひとりランチ」したい女性たち

前述の長期時系列調査「生活定点」では、生活上のさまざまな意識・行動を継続的に聴取しているのですが、その中にはこんな調査結果があります。

「一人で外食することは抵抗ない」
全体:1998年46.2%→2018年49.1%

全体では大きくは変わっていないように見えますが、男女を分けてみると、

男性:1998年59.0%→2018年57.6%
女性:1998年33.0%→2018年40.5%

と、「抵抗がない」女性が徐々に増えていることがわかります。

図1

「立ち食いそば」はもう、恥ずかしくない?

もうひとつ、こんなデータも。

●立ち食いそばを食べるのは恥ずかしい
全体:1998年18.1%→2018年9.5%
男性:1998年5.0%→2018年1.6%
女性:1998年31.6%→2018年17.5%

 

図2

20年かけて継続的に下がり続け、今年、過去最低を更新しました。

次ページ「女性の社会進出」が関係
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。