殺処分ゼロに必要なのは愛でなくシステムだ

保護猫を救う新事業に密着

保護猫を救う取り組みのひとつ、『保護猫譲渡会』に週刊女性が密着。ここからは、譲渡会の様子をお伝えしたい。

保護猫譲渡会に密着

埼玉県川口市にあるホームセンター。園芸用品や季節の花々が並ぶ敷地内の一角に、黄色の車が駐車している。各地で移動譲渡を行う東京キャットガーディアンの『幸せの黄色い車』だ。

『幸せの黄色い車』(写真:週刊女性PRIME)

車の周りのテントでは、オリジナルのカレンダーやトートバッグ、缶バッジのほか、キャットフードや猫砂も販売されている。

車の側面には、猫たちが入ったケージを展示。この日は、約10頭の子猫が連れてこられていた。ケージのアクリル板には、その猫の性別、色柄、収容日、推定月数、手術日がそれぞれ表示されている。

「ケージ内は温度調節がされていて、外の音も聞こえないようになっています」

そうスタッフの村上晃清さんが説明してくれた。

家族連れやカップルが立ち寄っては「見て、可愛い!」と声を上げる。

ここで猫にひと目惚れしたら、面談、引き取りもできるのだろうか。

「ホームページにある『里親さんの条件』を読んで申し込んでもらえば、面談できます」(村上さん)

猫の飼育経験や、猫が逃げ出さない対策をしているかなど面談で確認(写真:週刊女性PRIME)

この日は、事前申し込みしていた里親希望者の面談に立ち会うことができた。

川口市で生まれ育ったという市内在住の20代夫婦。マンション住まいで「ペット可」が明記された契約書も持参して来場した。村上さんがさまざまな質問をして、2人がそれに答えていく。聞くと、それぞれ実家で猫を飼っていたために、どうしても欲しくなったのだという。

次ページついに猫とご対面
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT