新型iPadPro、使ってわかった大刷新の全貌

画面は広くなりペンの諸問題も解決

11月7日発売のiPad Proは、Apple Pencilを装着することが可能となった(筆者撮影)

アップルが10月30日、ニューヨーク・ブルックリンで発表した新製品は、アップルのみならず、今後のコンピュータの将来に大きな影響を及ぼすほどのインパクトを与える――そんな確信を持てる内容に、会場は異様な盛り上がりを見せた。

発表された製品カテゴリは、直近の2018年第4四半期決算では、販売台数の面で苦戦を余儀なくされていた(参考記事:iPhone「台数は非開示」が示す時代の大転換)。しかしイベントで発表した新製品の数々は、そんな不安を払拭するかのような、驚きにあふれていた。

今回はその3つの新製品の中から、2015年の登場以来初めてのデザイン変更を伴う刷新となったiPad Proのレビューをお届けする。

より薄く、より小さくを実現するデザインに

筆者にとってiPadは、基本的に自宅で動画やウェブ、雑誌を閲覧するためのデバイスとしての活用にとどまってきた。しかし9.7インチモデルのiPad Proが登場した2016年3月以降は、それ単体で仕事が完結するデバイスへと大きく変化した。

Apple Pencilによる手書き機能の実現と、カバーを兼ねるキーボード「Smart Keyboard」のおかげで、出張を伴う取材も含めて、iPadだけでこなせるようになったのだ。

今回試用したiPad Pro12.9インチモデルのスペースグレイ(筆者撮影)

ニューヨークでのアップルのイベント取材も、10.5インチのiPad Proだけを持って、現場でのツイート中継から写真の取り込みと編集、ビデオクリップ編集、そして速報の原稿執筆を行い、Apple StoreでのToday at Appleイベントでのスケッチのレッスンにも参加できた。

活用範囲を広げてきたiPad Proは、今回の刷新で、どんな進化を遂げたのか。

iPad Pro 12.9インチモデルは今回で3世代目となる。2年間はプロセッサーの刷新とディスプレーのテクノロジーの進化にとどまっていたが、登場以来初めてデザインが刷新された。

次ページ厚さが1ミリ薄くなった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。