新型iPadPro、使ってわかった大刷新の全貌

画面は広くなりペンの諸問題も解決

11月7日発売のiPad Proは、Apple Pencilを装着することが可能となった(筆者撮影)

アップルが10月30日、ニューヨーク・ブルックリンで発表した新製品は、アップルのみならず、今後のコンピュータの将来に大きな影響を及ぼすほどのインパクトを与える――そんな確信を持てる内容に、会場は異様な盛り上がりを見せた。

発表された製品カテゴリは、直近の2018年第4四半期決算では、販売台数の面で苦戦を余儀なくされていた(参考記事:iPhone「台数は非開示」が示す時代の大転換)。しかしイベントで発表した新製品の数々は、そんな不安を払拭するかのような、驚きにあふれていた。

今回はその3つの新製品の中から、2015年の登場以来初めてのデザイン変更を伴う刷新となったiPad Proのレビューをお届けする。

より薄く、より小さくを実現するデザインに

筆者にとってiPadは、基本的に自宅で動画やウェブ、雑誌を閲覧するためのデバイスとしての活用にとどまってきた。しかし9.7インチモデルのiPad Proが登場した2016年3月以降は、それ単体で仕事が完結するデバイスへと大きく変化した。

Apple Pencilによる手書き機能の実現と、カバーを兼ねるキーボード「Smart Keyboard」のおかげで、出張を伴う取材も含めて、iPadだけでこなせるようになったのだ。

今回試用したiPad Pro12.9インチモデルのスペースグレイ(筆者撮影)

ニューヨークでのアップルのイベント取材も、10.5インチのiPad Proだけを持って、現場でのツイート中継から写真の取り込みと編集、ビデオクリップ編集、そして速報の原稿執筆を行い、Apple StoreでのToday at Appleイベントでのスケッチのレッスンにも参加できた。

活用範囲を広げてきたiPad Proは、今回の刷新で、どんな進化を遂げたのか。

iPad Pro 12.9インチモデルは今回で3世代目となる。2年間はプロセッサーの刷新とディスプレーのテクノロジーの進化にとどまっていたが、登場以来初めてデザインが刷新された。

次ページ厚さが1ミリ薄くなった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT