新型iPadPro、使ってわかった大刷新の全貌

画面は広くなりペンの諸問題も解決

下が新しいiPad Pro12.9インチモデル。上が筆者所有の10.5インチモデル(筆者撮影)

iPad Proはこれまで、角が背面に向けて弧を描くように絞られるデザインで、光の加減もあって6.9ミリという薄さをより演出してきた。刷新されたデザインでは、側面がさらに強調され、ちょうど初代iPadやiPhone SEのような印象を受ける。しかしエッジはより滑らかに加工されており、握った際に角が不快に当たることもない。

デザインの関係からか、見た目は以前のモデルよりも厚そうに見えるが、実際は1ミリ薄型化され、5.9ミリの厚さを実現している。そして、特に目を見張るのは12.9インチモデルのサイズの大幅な縮小だ。

iPhone XRでは、液晶ディスプレーで縁まで敷き詰めたデザインを実現し、アップルはこれに「Liquid Retinaディスプレー」と名付けた。

新しいiPad ProにもLiquid Retinaディスプレーが採用され、ホームボタンは廃止、ディスプレーが端まで敷き詰められるようになった。もちろんスマートフォンほど端まで攻めているわけではないが、それでもベゼルは特に上下で半分程度まで狭くなった。

その恩恵から、12.9インチモデルではデバイスのサイズを大幅に小さくし、アメリカでのレターサイズ、日本でのA4サイズとなった。
つまり、A4が収まるビジネス向けのバッグに12.9インチのiPad Proが難なく入る、ということだ。

なお11インチモデルは、デバイス自体のサイズを変えず、10.5インチだったディスプレーの拡大に成功している。

Face IDとホームボタンなしの使い勝手

ホームボタンがないということは、指紋認証のTouch IDによるセキュリティが廃止されたことを意味する。そこで、iPhone Xから採用されているFace IDが搭載された。

デバイスの上の辺には、700万画素のカメラと赤外線センサー、赤外線ドットプロジェクターが内蔵されたTrue Depthカメラが備わるが、iPhoneのようにこのセンサー部分を避ける画面の切り欠き「ノッチ」は存在せず、ベゼルの中に収められている。

しかも縦向きだけでなく、横向きでも顔認証を行えるというiPad Proの活用に沿った新たな機能が用意された。

次ページiPhone XSは「横向き」では解除できないが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。