新型iPadPro、使ってわかった大刷新の全貌

画面は広くなりペンの諸問題も解決

下が新しいiPad Pro12.9インチモデル。上が筆者所有の10.5インチモデル(筆者撮影)

iPad Proはこれまで、角が背面に向けて弧を描くように絞られるデザインで、光の加減もあって6.9ミリという薄さをより演出してきた。刷新されたデザインでは、側面がさらに強調され、ちょうど初代iPadやiPhone SEのような印象を受ける。しかしエッジはより滑らかに加工されており、握った際に角が不快に当たることもない。

デザインの関係からか、見た目は以前のモデルよりも厚そうに見えるが、実際は1ミリ薄型化され、5.9ミリの厚さを実現している。そして、特に目を見張るのは12.9インチモデルのサイズの大幅な縮小だ。

iPhone XRでは、液晶ディスプレーで縁まで敷き詰めたデザインを実現し、アップルはこれに「Liquid Retinaディスプレー」と名付けた。

新しいiPad ProにもLiquid Retinaディスプレーが採用され、ホームボタンは廃止、ディスプレーが端まで敷き詰められるようになった。もちろんスマートフォンほど端まで攻めているわけではないが、それでもベゼルは特に上下で半分程度まで狭くなった。

その恩恵から、12.9インチモデルではデバイスのサイズを大幅に小さくし、アメリカでのレターサイズ、日本でのA4サイズとなった。
つまり、A4が収まるビジネス向けのバッグに12.9インチのiPad Proが難なく入る、ということだ。

なお11インチモデルは、デバイス自体のサイズを変えず、10.5インチだったディスプレーの拡大に成功している。

Face IDとホームボタンなしの使い勝手

ホームボタンがないということは、指紋認証のTouch IDによるセキュリティが廃止されたことを意味する。そこで、iPhone Xから採用されているFace IDが搭載された。

デバイスの上の辺には、700万画素のカメラと赤外線センサー、赤外線ドットプロジェクターが内蔵されたTrue Depthカメラが備わるが、iPhoneのようにこのセンサー部分を避ける画面の切り欠き「ノッチ」は存在せず、ベゼルの中に収められている。

しかも縦向きだけでなく、横向きでも顔認証を行えるというiPad Proの活用に沿った新たな機能が用意された。

次ページiPhone XSは「横向き」では解除できないが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT