新型iPadPro、使ってわかった大刷新の全貌

画面は広くなりペンの諸問題も解決

オプションは2つある。1つは、AirPods、BeatsなどのBluetoothワイヤレスヘッドフォンを使用するパターン。そしてもう1つは、後述のUSB-Cポートに差し込む変換アダプターを購入するパターンだ。これはApple Storeでも別売のオプションとして販売される。

ちなみに、AndroidスマートフォンにもUSB-Cの採用が進んでいるが、それらに付属するUSB-C/3.5ミリステレオヘッドフォンジャックの変換アダプターも、iPad Proでそのまま利用できた。

iPad Proには、iPhone XSに搭載されたものと同じ世代の7nmプロセスを用いたA12X Bionicが搭載されている。しかし同じなのは世代と製造プロセスだけで、そのパフォーマンスは別格だ。

A12X Bionicには8つのCPUコアと7つのGPUコアが備わった。それぞれA12 Bionicの6つ、4つから増加しており、iPhone XSに対して1.6倍程度のパフォーマンスを発揮する。

A10X Fusionチップを搭載していた筆者の手元にあるiPad Pro 10.5インチの倍の性能を発揮し、同じく普段使っているMacBook Pro 13インチモデルのクアッドコア2.7GHz Intel Core i7と同じようなプロセッサーの性能と見ることができる。

アップルによるとグラフィックス性能もこれまでの2倍の性能を誇り、ARやゲームなどのパフォーマンスが格段に向上する。

加えて、iPhone同様、A12X Bionicには8コアのニューラルエンジンが採用された。iPadとしては初めての機会学習に特化したプロセッサーの搭載となる。この点は、直近のパフォーマンス向上よりも、長い目線で見て、アプリの機械学習処理の採用の増加を通じて、インパクトが大きいものとなるだろう。

Apple Pencilの諸問題は解決へ

iPad Proの特徴は、Apple Pencilが利用できることだった。2018年に349ドルから販売される廉価版のiPadでもApple Pencilが採用されたが、新型iPad Pro向けには新世代のApple Pencilが用意された。

これまでのApple Pencilは、滑らかな書き味と素早い画面の反応が追求され、傾きや筆圧の反応もよい、評価の高いスタイラスだった。しかし充電の際にはペン先とは逆の端のキャップを外して、iPad本体のLightningポートに差し込まなければならず、不格好なうえ、折れはしないかと筆者はつねづね不安だった。

また持ち歩く際にも、iPad本体にもApple Pencilにもホルダーのような仕組みは用意されていなかったため、鉛筆やペンと同じように筆箱にしまわなければならなかった。

新型iPad ProとApple Pencilの組み合わせは、充電と持ち運びの問題を解決している。本体の右側面(Smart Keyboardを利用する際には上の辺)には磁石が2つ備わっている。一方Apple Pencil側にも磁石があり、これらによって正確な位置で、Apple Pencilを固定して持ち運ぶことができる。

次ページ自動的にワイヤレス充電が始まるように
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT