iPhone「台数は非開示」が示す時代の大転換

アップルが決算時の公表項目を変更するワケ

「販売台数が減ってでも高付加価値へシフトする」というのがアップルの本音のようだ(筆者撮影)

控えめに言っても、「絶好調」といえるだろう。アップルが11月1日に発表した2018年第4四半期決算(7〜9月)は売り上げ692億ドルで前年同期比20%増、純利益は100億ドルで前年同期比27%増だった。決算発表の電話会議に参加したティム・クックCEOは「9月期として過去最高の決算だった」と報告した。

ところが、アップルの株価は時間外取引で下落。翌日11月2日の終値は7%以上下落、8月に突破した時価総額1兆ドルをかろうじて維持するレベルにまで落ち込んだ。好決算直後の大幅な株価下落、いったい何が起きたのだろうか。

好調が続くiPhoneとサービス

その前に2018年第4四半期決算について、もう少し細かく見ていこう。

主力となるiPhoneの販売台数は4688万9000台で、前年同期比から比べると横ばいだった。しかし売上高は、371億8500万台で、前年同期比から29%増加した。

ちょうど1年前の第4四半期決算は、iPhone 8・iPhone 8 Plusが発売されていたものの、999ドルからというこれまでにない価格が設定されたiPhone Xはまだ発売されていなかった。そのため、平均販売価格は617.99ドルだった。

しかし2018年第4四半期は、既に発売済みのiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusが好調であったこと、そして9月21日に発売された999ドルから販売されるiPhone XS、1099ドルと更に高い価格が設定されたiPhone XS Maxが含まれていたことから、平均販売価格は793.04ドルにまで上昇した。

特に日本、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、チリ、ベトナムで、20%かそれ以上の販売台数増を記録した。

次ページサービスやApple Watchも好調
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。