アマゾン従業員が賃上げを心底喜べない理由

ボーナスも株式ももらえなくなる?

ミネアポリス(ミネソタ州)近郊の配送センターで夜間シフトで働いているケイティ・アイバー(写真:Jenn Ackerman/The New York Times)

アマゾンの上級副社長を務めるデイブ・クラークは10月2日、ロサンゼルス近郊の配送センターで作業台の上に立ち、従業員の時給を引き上げると発表した。「アマゾンの新しい最低賃金は時給15ドル」とクラークが言うや、その声は10秒以上にわたって歓声とハイタッチの音にかき消された。

クラークがツイッターに投稿したこのときの動画は40万回以上再生された。これまで繰り返し、アマゾンにおける労働者の待遇を非難してきたバーニー・サンダース上院議員はこの賃上げを歓迎して動画をシェア。こちらも数十万回再生された。

年単位ではかなり減収になる可能性も?

だが全米各地の配送センターでは古株の労働者たちから、これまでにアマゾンが示した情報から、年単位ではかなりの減収になるかもしれないと怒りの声が上がっている。

アマゾンが賃金を引き上げるのはうそではないし、大半の従業員にとってはプラスになるだろう。だが今後は株式報酬や月々の手当がなくなるため、報酬総額が減ると考える人もいるわけだ。

この溝を埋める方法を見つけられるかどうか、首都ワシントンの政界は注視することだろう。10月4日にサンダースはアマゾンの広報責任者であるジェイ・カーニー上級副社長に書簡を送った。

ニューヨーク・タイムズが入手したコピーによれば、「ストックオプションを受け取っていたはずの勤続2年以上の従業員の報酬総額が、今回の変更の結果、どんな影響を受けるのか確認するようアマゾンに求める」という内容だ。

この件についてサンダースに問題提起したのは労働者たちだったという。広報担当者によればまだアマゾンからの回答はない。

次ページ月ごとに出ていた手当は廃止に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。