アマゾンの物流戦略はここまで徹底している

日本で宅配クライシスを乗り切れた真の理由

お馴染みのアマゾンのダンボール。すっかり日本人の生活にも溶け込んだ感がある(撮影:梅谷 秀司)

宅配会社を分散化し、UPS依存から脱却

アマゾンはその売り上げ拡大の歴史の中で、利用する宅配会社の数を増やしてきています。

アマゾンのミッションの1つは「カスタマーセントリック」=「顧客中心主義」です。

購入したお客様に届けられないという事態に陥らないよう、中長期の視点から運べるキャパシティを増やしてきました。

拙著『アマゾン、ニトリ、ZARA…… すごい物流戦略 』で解説しているように、私は米国で数多くのネット通販物流センターを直接見てきましたが、そのほとんどがUPSを9割以上利用していました。

アマゾンの出荷量が今後も増加していくだろうと考えたUPSは「これ以上運べない」と音を上げ、その結果、アマゾンはFedEx(フェデックス)を多く使うようになりました。その後、競争力の強化という意味あいからも、ラストワンマイル(お客さんの手元に届けるための最終のルート)の分散化を図っています。

その一例が、宅配便シェア第3位のUSPS(アメリカ郵便公社)の活用です。USPSは業界3番手というものの、上位2社に比べて物流品質で大きく劣る、というのがアメリカでの評価でした。

一方、住宅地への配達は、郵便物もあるため、密度が高く、低コストだという利点があります。このメリットを活かし、マイナス面を最小限に抑えるために、USPS専用の仕分けセンターを用意し、USPSは最寄りの郵便局からユーザーの手元まで届けるだけですむ体制を作り上げました。またUSPSは労働組合が強く、従来、土日の配送は行っていなかったのですが、この体制構築により、アマゾンの荷物については土日配送も可能になりました。

次ページアマゾンが構築する先進のシステムにより…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT