アマゾンの物流戦略はここまで徹底している

日本で宅配クライシスを乗り切れた真の理由

お馴染みのアマゾンのダンボール。すっかり日本人の生活にも溶け込んだ感がある(撮影:梅谷 秀司)

宅配会社を分散化し、UPS依存から脱却

アマゾンはその売り上げ拡大の歴史の中で、利用する宅配会社の数を増やしてきています。

アマゾンのミッションの1つは「カスタマーセントリック」=「顧客中心主義」です。

購入したお客様に届けられないという事態に陥らないよう、中長期の視点から運べるキャパシティを増やしてきました。

拙著『アマゾン、ニトリ、ZARA…… すごい物流戦略 』で解説しているように、私は米国で数多くのネット通販物流センターを直接見てきましたが、そのほとんどがUPSを9割以上利用していました。

アマゾンの出荷量が今後も増加していくだろうと考えたUPSは「これ以上運べない」と音を上げ、その結果、アマゾンはFedEx(フェデックス)を多く使うようになりました。その後、競争力の強化という意味あいからも、ラストワンマイル(お客さんの手元に届けるための最終のルート)の分散化を図っています。

その一例が、宅配便シェア第3位のUSPS(アメリカ郵便公社)の活用です。USPSは業界3番手というものの、上位2社に比べて物流品質で大きく劣る、というのがアメリカでの評価でした。

一方、住宅地への配達は、郵便物もあるため、密度が高く、低コストだという利点があります。このメリットを活かし、マイナス面を最小限に抑えるために、USPS専用の仕分けセンターを用意し、USPSは最寄りの郵便局からユーザーの手元まで届けるだけですむ体制を作り上げました。またUSPSは労働組合が強く、従来、土日の配送は行っていなかったのですが、この体制構築により、アマゾンの荷物については土日配送も可能になりました。

次ページアマゾンが構築する先進のシステムにより…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT