ヤマト、下請け運転手は「制服着用なし」の謎

湾岸のタワマンから苦情続出、運転手も困惑

東京湾岸エリアでヤマト運輸から配達業務を委託されている協力会社のドライバー。ヤマトの制服が着用できなくなったため、ポロシャツとチノパンで配達しているという(記者撮影)

「今日はなんでそんなにラフな格好なの?」

3月中旬、東京の中心部でヤマト運輸の配達を請け負っている協力会社の男性ドライバーは、配達先から同じ質問を何度も受けた。

それもそのはず、ドライバーの服装がヤマトの制服から、トレーナーと作業ズボンに変わっていたからだ。このドライバーは3月中旬、勤務する営業所の上司から「制服を月末までに返して欲しい。明日からは派手ではない私服で来て欲しい」と言われ、その指示に従ったという。

制服貸与はクレーム対策で中止?

下請けドライバーが制服を着られなくなったことで、セキュリティ管理に厳しく、入居者の多いタワーマンションで特に問題になっている――。

このような情報を得た記者は、タワマンが林立する東京の湾岸エリアを取材。ある大型マンションでは、ポロシャツとチノパンで配達をしていたヤマトの下請けドライバーから直接話を聞くことができた。男性の胸ポケットには「ヤマト運輸株式会社 委託配達員」と氏名が書かれたネームタグが付けられていた。

このドライバーも、3月に制服貸与の中止について職場から説明があったと話す。支店長の説明は次のようなものだった。「制服の着方など委託のドライバーに対するクレームが多い。『社員は制服着用』、『委託は制服なし』にして、クレームが入った時にわかりやすいようにする」

ヤマト運輸の社員は制服、帽子、ネームタグを着用し、一目でヤマトだとわかる(記者撮影)

配達先のマンションの管理会社に会社の説明を伝えたところ、「制服なしの配達」について了解を得られたという。「約2年担当しており、住民と信頼関係が築けていたからだろう」とドライバーは振り返る。男性が所属する会社にはこれまで制服がなかったが、ほかにもヤマトで委託として働くドライバーがいるため、「黒のポロシャツ・チノパン」で服装を統一することにしたという。

だが、「事実上の私服」で配達を許可されるケースはむしろ例外かもしれない。湾岸部のタワマンの多くは、制服を着ていないヤマトの下請けドライバーが入館することにセキュリティ上の懸念を示し、制服着用の継続を求めた。

次ページ佐川急便や日本郵便はどうしているのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。