プロ野球を選ばなかった男が歩んだ激動の道

小さな大投手・山中正竹は球界の第一人者に

山中は2006年に初開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、アジア代表の技術委員をつとめた。ドラフト制度検討委員会の委員長、セントラル野球連盟理事長などを歴任したあと、2010年3月にベイスターズを離れた。同年4月、法政大学特任教授に就任している。

その後、2017年に全日本野球協会副会長、侍ジャパン強化本部長に就任。現在は、全日本野球協会会長をつとめている。

「監督や選手をどうやって選ぶのか、課題はたくさんあります。短期決戦で勝つためには、どんな監督がふさわしいのか。世界と戦うためにはどんな選手が必要なのか。有識者の意見も聞きながら、プロ側の担当者と委員で協議します。そういうプロセスを経て、『侍ジャパン』の監督は決まりました」

2020年の東京に向けて重要な使命を背負っている

2020年東京オリンピックに挑む侍ジャパンの監督に、稲葉篤紀が就任した。彼は、山中が法政大学で監督をつとめていた時代の教え子だ。

「稲葉は期待以上によくやってくれています。立派な監督になってきた。私は身内だからどうしても評価が厳しくなるのだけど……。プロに入ってから、野村克也さん、若松勉さん、トレイ・ヒルマンさん、梨田昌孝さん、栗山英樹さんなど、いい監督に仕えてきたことがいまの稲葉をつくったんだろうと思います。しっかりした彼の発言を聞くたびにそう感じます」

『プロ野球を選ばなかった怪物たち』(イースト・プレス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

2000年シドニー大会で、プロアマ合同チームを組みながら4位に終わった日本代表。プロ選手だけで臨んだ2004年アテネ大会は銅メダル、2008年北京大会は再び4位に。

ロンドン大会、リオ大会で野球は行われず、今回の東京大会が3大会ぶりの開催となる。過去の大会の結果を見ても、日本代表が容易に金メダルを獲れるとは思えない。

「2024年のパリ大会以降どうなるのかという大問題はありますが、いま大事なのは東京大会で金メダルを獲ること。

もちろん、簡単ではありません。でも、チャンスも可能性も十分にある。稲葉監督を中心とした侍ジャパンが、金メダルを獲るためにどんな戦いをするのか。重要な使命を背負っています」

同時に、東京大会でオリンピック競技に復帰したことを、野球界がどう生かすのかという大きな課題がある。山中はその舵取り役を担っている。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。