西郷隆盛と大久保利通が決別した本当の理由

「征韓論」をめぐる対立だけが原因ではない

大久保利通(左)と西郷隆盛(写真:近現代PL / アフロ)
明治編に突入したNHK大河ドラマ「西郷どん」。西郷隆盛は「明治六年政変」で盟友・大久保利通とたもとを分かち、西南戦争で激突するのだが、そのきっかけとなった征韓論については、不可解な点が多い。はたして西郷は何を主張し、政府を辞する決意に至ったのだろうか? 『歴史ドラマがさらに面白くなる本 幕末・維新〜並列100年 日本史&世界史年表』(監修:山本博文/NHK出版)を基に考えてみたい。

西郷には武力で朝鮮を征する意思はなかった

明治6年(1873)10月23日、西郷隆盛は胸の痛みを理由に参議(当時の政府首脳が務めていた役職)・陸軍大将・近衛都督(天皇直轄軍の司令官)を辞し、さらに位階の返上も申し出た。このとき、参議と近衛都督の辞職は認められたが、陸軍大将と位階については許されなかった。

このとき、西郷と同じ参議の板垣退助・副島種臣・後藤象二郎・江藤新平といった政府首脳、さらには征韓・遣韓派や西郷を慕う政治家・軍人・官僚が600人余りが辞任する事態となった。この一大政変は「明治六年政変」と呼ばれ、幕末から志を共にしてきた西郷と大久保利通はたもとを分かった。

一連の政変は朝鮮を武力で従えるか否かという「征韓論」から始まったものである。内政を優先する大久保や岩倉具視が全権大使として朝鮮に乗り込もうとした西郷の行動を阻止し、それを受けて西郷は辞表を提出したわけだ。

しかし、そもそも西郷には武力で朝鮮を征する意思はなかった。いったい、どういうことだろうか。

ことの始まりは明治6年(1873)6月、外務少輔の上野景範が「朝鮮政府が日本の国書を拒絶して使節を侮辱し、朝鮮に住む日本人(居留民)の安全が脅かされている。彼らを朝鮮から撤退させたほうがいいのか、それとも武力をもって修好条約の締結を迫ったほうがいいのか。政府の裁決をあおぎたい」と報告し、議案を提出したことに端を発する。このとき、岩倉や大久保、木戸孝允らは欧米視察に出ており、西郷が政府を牽引する立場にあった。

次ページ西郷は朝鮮派兵に反対した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。