安室奈美恵と知事選に映る沖縄人の世代格差

彼女を誇りに思う若者がとらえる基地問題

安室奈美恵さんのラッピングの前に集まり、手でハートを作るファン、9月16日午後、沖縄県宜野湾市(写真:共同通信)

那覇の街は、安室奈美恵さん一色に染まっていた。

観光客があふれる国際通りのあちこちにはポスターが飾られ、彼女が愛用していた膝丈のニーハイブーツをはいたアムラーたちが闊歩する。どの店からも聞き覚えのある歌がエンドレスで流れている。あちこちのビルに巨大なポスターが現れ、彼女の毅然とした眼差しが、街を見下ろしている。

9月15日、芸能界を引退する安室奈美恵さんのラストライブが約3000人限定で沖縄県宜野湾市のコンベンションセンターで開かれ、翌日には、その脇のトロピカルビーチで1万2000発の花火が打ち上げられた。チケットの抽選に外れたファンも全国から集まり、花火大会には3万人を超える観衆が集まった。

16、17日付の地元紙(琉球新報、沖縄タイムス)に安室さん大特集が組まれると、配達される午前3時過ぎには、ファンがコンビニを回って買いあさり、ホテルでも朝5時前には売り切れた。街から新聞が消える事態となった。

仕方なく、私は30度を超える炎天下に沖縄タイムス本社前でファンが作る長蛇の列に約40分も並び、ようやく手にすることができた。

安室奈美恵さん一色の中で告示された沖縄県知事選

おりしも沖縄では辺野古基地建設に抵抗してきた知事の翁長雄志氏の急逝に伴う知事選が9月13日に告示。30日に投開票が予定されている。

翁長氏の後継に指名された玉城デニー氏は、辺野古基地建設に反対を唱える一方、自民・公明など政権与党の後押しを受ける前宜野湾市長の佐喜眞淳氏は、基地建設への旗色を鮮明にしていない。事実上、この2人の一騎打ちとなる。

「イデオロギーよりアイデンティティ」というフレーズを引っ提げて、翁長氏が辺野古基地の建設容認に転じた現職の仲井眞弘多元知事を破って当選したのは4年前だ。

次ページ沖縄の政治状況に疑問を感じていた
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。