「水素の輸入」がエネルギー安全保障の秘策だ

海外で製造したCO2フリー水素を日本に運ぶ

有機ケミカルハイドライド法には課題もある。水素化反応は発熱反応、脱水素反応は吸熱反応だが、これらの反応の際に出入りする熱で、水素エネルギーの約3割を費消してしまうことだ。

千代田化工建設では、水素化プラントおよび脱水素プラントの効率向上と、出入りする熱の有効活用を図り、サイクル全体のエネルギー効率を高めることで、将来の実用段階で経済性を高めたい考えだ。

国際水素サプライチェーンの構築に向けて

昨年末に開催された第2回再生可能エネルギー・水素等関係閣僚会議で決定した「水素基本戦略」では、「2030年までに国際水素サプライチェーンを構築する」「2030年の水素価格は30円/N㎥、さらに将来的には20円/N㎥(水素発電の発電コストがLNG火力と同程度となるレベル)を目指す」ことがうたわれている。

2つの実証プロジェクトは、この目標に向けた大きな第一歩だ。

海外の未利用エネルギーを原料とすれば、水素の製造コストを低く抑えることができる。日本に運ぶ海上輸送コストを加えても、国内で生産する水素より低廉となる可能性が高い。

ホスト国にとっても、経済価値の低い未利用エネルギーを水素に変えて輸出することができ、また、水素製造工場や荷役業務などで雇用も創出され、経済的メリットは大きい。日本とホスト国はWin-Winの関係だ。

未利用エネルギーは、世界の広い地域に、豊富に存在している。世界の多くの国から、大量かつ安定的に水素を調達すれば、限られた地域から化石燃料を調達している現状と比べ、エネルギー安全保障面でも大幅に改善する。これが、「水素社会」をわが国が国策として推進する理由の1つでもある。

大規模水素サプライチェーン構築を目指す、2つの実証プロジェクトから目が離せない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。