EVブームの次にはFCVのメガトレンドが来る

日本のダントツ水素技術が世界を圧倒する

FCVの今後の展開は?(撮影:梅谷秀司)
世界的な「EV(電気自動車)シフト」の潮流の陰で、存在感が薄くなったように見えるFCV(燃料電池自動車)だが、今後の展開はどのようになるのだろうか? このたび『日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス』を上梓した西脇文男氏に解説してもらった。

FCVを次世代車の主役に位置づける日本

EVシフトが進む中、次世代環境車のもう一方の主役であるFCVの存在感が薄れている。2014年12月、トヨタ「MIRAI(ミライ)」はFCV初の量産車として華々しくデビューした。それから3年半たった今、普及台数は1万台に過ぎず、300万台を超えたEVとは比べるべくもない。

『日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

EVはすでに普及期に入り、量産効果が出始め、車両価格も手の届くレベルまで低下しつつある。一方のFCVは、水素ステーションの整備が進まず、車両価格は「MIRAI」発売当時から下がっていない。

このFCVを次世代車の主役と位置づけ、開発・普及に最も力を入れているのが、わが日本だ。なぜなのか?

1つは、わが国のエネルギー政策に起因する。原発事故以降、化石燃料の輸入が増大し、エネルギー自給率は10%を切るレベルに低下、CO2削減も計画どおりに進んでいない。エネルギー安全保障と地球温暖化に対する切り札として「水素社会構築」を国策に掲げる日本にとって、FCVは国策に沿ったエコカーなのだ。

次ページ2つ目は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼンリンが開発で先行<br>自動運転用の3D地図

地図情報首位のゼンリンが、巨大需要を見込む自動運転用の高精度3D(3次元)地図作成に挑む。成功すれば、ライバルを突き放す。首位の座をより強固なものとするのか。