EVブームの論調に踊る人がわかってない本質

参入障壁の安全技術と需要を理解してますか

エンジンをモーターに置き換えても衝突安全性能は簡単に確立できない

ここ数年、EV(電気自動車)ムーブメントが加速している。世界各地のモーターショーでは「電動化」車両が目白押し。それを経済評論家が後押しする。「自動車も家電のように水平分業化が進む。複雑で部品点数が多いエンジンに比べ、仕組みが簡単なモーターとバッテリーであれば、外部から手軽に調達が可能なので、新興メーカーが簡単に参入できる」という意見がステレオタイプだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ついでに陰謀論が付け加えられる場合もある。「日本の自動車メーカーは垂直統合的に組み込まれた多くの傘下のサプライヤーを潰さないためにEV化に抵抗してエンジンに固執せざるをえず、判断が遅れて出遅れた」。

しかしこの論理展開は、クルマを構成する部品群のうち、エンジン以外の部分は誰にでも簡単に作れるということが大前提になる。はたしてエンジンのみが自動車産業の制約条件なのだろうか?

電動化とは何か?

という本題に移る前にもうひとつ正しておかなくてはならないことがある。そもそも「電動化」とは何を指すのか? 多くの文脈ではそれは「電気自動車化」と同義で使われている。まずそこが間違っている。電動化とは正しくは駆動用モーターを搭載しているという意味だ。

だからトヨタ自動車「プリウス」のようなストロングハイブリッドも、スズキ「ワゴンR」のようなマイルドハイブリッドも、日産「ノートe-POWER」のようなシリーズハイブリッドも、トヨタ「プリウスPHV」のようなプラグインハイブリッドも、日産「リーフ」のようなバッテリー電気自動車(BEV)も、トヨタ「ミライ(MIRAI)」のような水素燃料電池車(FCV)も全部「電動化」車両である。

中には「マイルドハイブリッドは電動化ではない」とする人もいるが、今後10年の流れではむしろマイルドハイブリッドが主流になっていくと筆者は考えている。それをわざわざ別括りにする意味はあまりないと思う。

この中で、モーターオンリー駆動なのはリーフのようなBEVとミライのようなFCVだけでほかは全部エンジンとモーター両方が必要だ。例外的にノートe-POWERだけはエンジンを発電のみに使っていて、タイヤに駆動力を伝えるのはモーター単体だ。しかしこれもエンジンなしで走ることはできない。

次ページエンジン以外は簡単に作れるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。