テスラがEVに隠した「謎バッテリー」の正体

マーケティングと性能の密接な関係

テスラに搭載されている謎のバッテリーとは? 写真は日本納車開始時の「モデルS」(撮影:尾形文繁)
自動車業界「100年に一度の大転換」と言われるEVシフト。ガソリン車などの従来車から電気自動車にシフトすることは、周辺産業を含めて自動車業界を一変させるインパクトを秘めている。
そんなEVシフトを牽引しているのが、テスラ・モーターズだ。そしてテスラは、すでに電気自動車の先を見据えて事業を進めている。『決定版EVシフト』(東洋経済新報社)を上梓した野村総合研究所の風間智英氏に、テスラの強みと戦略を解説してもらった。

時価総額でGMを超えたテスラ

いまから約1年前の2017年4月、驚きのニュースが飛び込んで来た。米国の電気自動車(EV)ベンチャーであるテスラの時価総額がGMを超えたというのだ。

『決定版 EVシフト』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近でこそモデル3の電池パック・モジュール工程で問題があり、思うように生産できず苦戦しているようだが、モデル3の予約は数十万台分あるため、問題が解決すれば順調に売り上げを伸ばすものと考えられる。

テスラは2003年にイーロン・マスクが設立したベンチャー企業である。同氏は宇宙開発企業のスペースXの共同設立者の顔やペイパルの創業者としての顔を持つ時代の寵児で、映画『アイアンマン』の主人公、トニー・スタークのモデルとしても有名である。

一方のGM(ゼネラルモーターズ)は言わずと知れた自動車業界の巨人である。設立から100年を超え、かつては世界最大の販売台数を誇った。昔ほどの勢いはないが、今も年間約1000万台を販売する。

実はテスラの販売台数は、その時点でGMの100分の1に過ぎなかった。それなのに時価総額で逆転したということは、市場が、EVという新たなクルマを引っさげて市場に殴り込みをかけたテスラに期待した結果にほかならない。

なぜそこまで、テスラは市場の期待を集めるのだろうか。

次ページプレミアムマーケティングで成功したテスラ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。