日産「セレナ e-POWER」が背負った重大使命

看板車種×「充電不要EV」でヒット連発なるか

日産自動車は3月1日、ミニバンの「セレナe-POWER」を発売した。小型車「ノート」に続くe-POWER搭載に日産の期待は高い(撮影:尾形文繁)

「最強のミニバンにe-POWERを搭載することで、ミニバンの価値観をも変えるものと確信している」

日産の小型車「ノートe-POWER」は発売から1年半が経過しても、好調な販売を維持する(撮影:尾形文繁)

3月1日、日産自動車は主力のミニバン「セレナ」に、ガソリンエンジンで発電しモーターで駆動する「e-POWER」を追加して発売した。国内事業担当の星野朝子専務執行役員は、2月28日の記者発表会で、販売への自信をみなぎらせた。セレナ全体の月間販売目標台数を従来比1000台増の8000台に据え、購入客の4割がe-POWERを選択すると見込む。

「e-POWER」はコンパクト車「ノート」に搭載され、日産の国内販売を牽引するまでに成長した虎の子の技術。売れ筋のセレナもそのラインナップに加えることで、完成車の無資格検査問題で傷付いたブランドの失地回復への第一歩となるか、注目が集まる。

セレナe-POWERで狙う二匹目のドジョウ

星野専務が見せた自信の背景には、セレナとe-POWERの確固たる実績がある。セレナは2016年8月に自動運転技術「プロパイロット」を引っ提げて刷新して以降、販売は好調に推移する。今年1月の国内登録車販売台数では4位。ミニバン部門ではトヨタ自動車の「ヴォクシー」を抑えてトップにランクインし、日産の看板車種だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

セレナの発売から3カ月後に投入されたのがノートe-POWERだ。電動車特有のスムーズで力強い加速や、アクセルペダル一つで加減速の操作ができる利便性が消費者に受け入れられ、昨年の国内コンパクト車販売で1位を獲得。日産幹部でさえ「ここまで売れるとは思っていなかった」と驚くほどで、日産のコンパクト車1位獲得は1998年の「キューブ」以来、19年ぶりにもなる快挙だった(「日産新型ノート、『充電不要EV』がウケた理由」)。

次ページセレナが抱えていた弱点とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?