日産が中国でEVを売りまくりたい本当のワケ

北京のナンバープレート当選確率は0.0012%

日産自動車が2017年10月に日本を皮切りに発売した電気自動車の新型「リーフ」。中国の拡販でも重要な役割を背負っている(撮影:大澤 誠)

「中国市場でトップ2に続く、第2グループの先頭にわれわれはいる。そこからジャンプする時だ」

日産の関潤専務執行役員。東風汽車有限公司の総裁を2014年1月から務める。市場の伸びを上回る成長を実現できるか、その手腕に注目が集まる(記者撮影)

日産自動車と東風汽車集団との合弁会社、東風汽車有限公司の関潤総裁(日産専務執行役員)は中国事業の成長に並々ならぬ決意を示した。日産は2月5日、中国で2022年までに年間販売台数を2017年比で100万台以上、率にして7割増の260万台に引き上げるという野心的な計画をブチ上げた。15日に日本で開いた中国事業説明会では、関総裁が計画達成に向けた周到な戦略を語った。

伸びしろが大きい中国に巨大投資

日産は今後5年間で、生産能力増強や電動車開発などに600億元(約1兆円)を投資し、20車種超の電動車を発売する方針だ。日産が中国に重きを置くのは言うまでもなく、世界最大市場で伸びしろが大きいからだ。2017年の中国全体の新車販売は前年比3%増の2890万台と小幅な伸びにとどまった一方、日産は12%増の152万台と大きく成長。中韓関係の悪化で販売が急落した韓国の現代自動車を抜いて3位に浮上した。

ただ、400万台以上を売る首位の独フォルクスワーゲン(VW)や2位の米ゼネラル・モーターズ(GM)の背中は依然として遠い。日系首位の座を維持こそしているが、後ろからはホンダが猛烈に追い上げている。大人気のSUV「ヴェゼル」「XR-V」を武器に、ホンダは昨年、日産を上回る15%の伸びを見せ、145万台を売った。

次ページ中国の環境規制に日産はどう対応?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?