日産が中国でEVを売りまくりたい本当のワケ

北京のナンバープレート当選確率は0.0012%

日産自動車が2017年10月に日本を皮切りに発売した電気自動車の新型「リーフ」。中国の拡販でも重要な役割を背負っている(撮影:大澤 誠)

「中国市場でトップ2に続く、第2グループの先頭にわれわれはいる。そこからジャンプする時だ」

日産の関潤専務執行役員。東風汽車有限公司の総裁を2014年1月から務める。市場の伸びを上回る成長を実現できるか、その手腕に注目が集まる(記者撮影)

日産自動車と東風汽車集団との合弁会社、東風汽車有限公司の関潤総裁(日産専務執行役員)は中国事業の成長に並々ならぬ決意を示した。日産は2月5日、中国で2022年までに年間販売台数を2017年比で100万台以上、率にして7割増の260万台に引き上げるという野心的な計画をブチ上げた。15日に日本で開いた中国事業説明会では、関総裁が計画達成に向けた周到な戦略を語った。

伸びしろが大きい中国に巨大投資

日産は今後5年間で、生産能力増強や電動車開発などに600億元(約1兆円)を投資し、20車種超の電動車を発売する方針だ。日産が中国に重きを置くのは言うまでもなく、世界最大市場で伸びしろが大きいからだ。2017年の中国全体の新車販売は前年比3%増の2890万台と小幅な伸びにとどまった一方、日産は12%増の152万台と大きく成長。中韓関係の悪化で販売が急落した韓国の現代自動車を抜いて3位に浮上した。

ただ、400万台以上を売る首位の独フォルクスワーゲン(VW)や2位の米ゼネラル・モーターズ(GM)の背中は依然として遠い。日系首位の座を維持こそしているが、後ろからはホンダが猛烈に追い上げている。大人気のSUV「ヴェゼル」「XR-V」を武器に、ホンダは昨年、日産を上回る15%の伸びを見せ、145万台を売った。

次ページ中国の環境規制に日産はどう対応?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT