テスラがEVに隠した「謎バッテリー」の正体

マーケティングと性能の密接な関係

実は現在のEVは従来のガソリン車と比較した場合、航続距離でも価格でも太刀打ちできない。満足行く航続距離にするには大容量・高性能のバッテリーを搭載しなければならないが、そうすると価格が高くなり、従来車と比較して劣後してしまうのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

過去にも何度かEVブームはわき起こったが、そのたびに、従来車との性能差や価格差の壁に阻まれ頓挫してきた。もちろん、技術革新により今日までに大幅に改良されてきたが、それでもまだ航続距離と価格では従来車に軍配が上がる。この問題をテスラはマーケティングで乗り越えた。

2008年はじめに上市した「ロードスター」は1000万円以上もする超高級車であったが、米国西海岸をはじめとする富裕層に支持され、高級車としては大ヒットを記録した。2012年に発売された「モデルS」は発売以降順調に販売台数を伸ばし、2016年には4万台以上を販売した。こちらも800万円以上する高級車である。

テスラの成功要因は、このように、高級セグメントに向けてEVを開発し市場投入したことだ。ターゲットとするユーザーを、先端技術やトレンドに対する感度の高いアーリーアダプターとし、かつ展開車種をプレミアムクラスに絞ることで、EVを事業として成立させたのだ。

プレミアムクラスのEVであれば高価格に設定できるので、製造コストにしばられることがない。実用性の点で申し分ないバッテリー量を搭載し、500kmほどの航続距離を実現した。また、欧州の高級車を彷彿とさせるような流麗な外装デザイン、世界最先端の自動運転機能などを搭載し、これまでのガソリン車では得られない新たな魅力を提供している。ここに、テスラのEVが売れる理由がある。

充電中の「モデルX」(撮影:東洋経済オンライン編集部)

テスラはEVを「電気で動き、環境に優しいクルマ」として売っているのではない。「先進的なデザイン、圧巻の加速性能、最先端の技術を詰め込んだ未来のクルマ」として売っているのだ。

ユーザーも、それがEVだから買っているのではない。それが、「テスラ」という新進気鋭の自動車メーカーが作った「これまでのクルマとは異なる革新的な未来を感じるクルマ」だから買うのだ。

高級セグメントに特化したことでEV市場の開拓に成功したテスラは従来の自動車メーカーにとっては衝撃的であり、現在の欧州各社のEVシフトにおける取り組みのモデルケースにもなっている。ダイムラーやBMWなどの高級車メーカーにとっても、看過できない大きな脅威となりつつある。

テスラに搭載されている謎のバッテリー

このテスラの車両には、普段は使用されない、つまり余剰なバッテリーが搭載されていることがわかった。

事の発端は、2017年夏の大型ハリケーン「イルマ」の進路となり避難命令が出された米国フロリダ半島でのことだ。テスラはユーザーが安全に避難できるよう、ネットワーク上から、関係地域のテスラ車のバッテリー容量を一時的に増やす措置をしたのだ。

次ページ種を明かせば…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。