高校野球は「金属バット」でガラパゴス化する

U18アジア選手権で韓国・台湾に敗れた代表

U18アジア選手権を終え、取材に応じる吉田輝星=サンマリン宮崎(写真:共同通信社)

読者の皆さんはU18野球日本代表が、韓国、台湾に連敗し、U18アジア選手権連覇の道を断たれたことに、ショックを受けられたかもしれない。

8月の甲子園で、881球も投げた金足農(秋田)の吉田輝星を韓国戦と中1日の台湾戦でマウンドに上げて、合計153球も投げさせた采配にも疑問の声が上がるだろう。

この連載の一覧はこちら

そしてWBCなどフル代表の試合ではほとんど負けたことのない台湾に3-1で負けたことも、予想外の結果だと思った人が多かったはずだ。

3位決定戦で中国を破り、かろうじて翌年のU18ワールドカップへの出場権を得たが、「こんなに弱かったのか」と思った人もいただろう。

4000校の頂点が50校・200校の代表に負けている!

しかしプロアマの野球関係者は、この結果にさほど驚いていない。「いつものこと」「これが実力」という声さえ聞こえてくる。

U18の選手の多くは、夏の甲子園の激戦を戦ってきた。吉田輝星だけでなく、多くの選手が、十分に疲労回復していない。また「燃え尽き」に近いモチベーションの選手もいただろう。しかし、そうしたコンディション面の問題ではなく、根本的な問題として、日本の高校球児は、同世代の韓国、台湾に実力的に優位とは言えないのだ。

日本の夏の甲子園は、減ったとはいえ4000校近く、約15万人もの選手の頂点を争う大会だ。この大会を勝ち抜いた選手は、日本の高校生の頂点と言ってよい。それが野球部のある高校が全国で50校しかない韓国や、200校しかない台湾の代表チームに手もなく負けるとは。

「そりゃ、日本が金属バットを使用しているからですよ。あれは日本の高校野球しか使っていない。国際大会になれば、木製のバットを使わなければいけない。使用球が変わり、ストライクゾーンも異なり、球数制限もあるなど、日本の高校野球と世界ではいろいろ条件が違いますが、バットの材質の違いほど大きな差異はほかにありません」

高校野球のコーチを経て、海外でも野球指導を行った経験がある元野球指導者は語る。

実は、野球関係者の間では「金属バットを何とかしないといけない」という声が高まっているのだ。

次ページ 金属バットで一変した高校野球
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。