2つ内定をもらった、さてどっちを選ぶべきか

あえて「遠回り」をする戦略もある

おそらく、年齢や経験を考慮するとここで教育ベンチャーを選択し数年過ごすと、その次にコンサルから内定をもらえる可能性は今よりもだいぶ小さくなるでしょう。現状はコンサル会社からするとJさんはポテンシャル採用なのです。

次はポテンシャル採用ではなく経験者採用となりますから、一般的にはベンチャー企業経験だけでは採用されるのは困難な歳になってきます。

であれば、今しかできないコンサルを「期間限定で」経験して、「教育ベンチャーにおける実務×コンサル的戦略思考」の双方で自分を差別化し、それをもって教育業界に戻るという選択もありでしょう。

「あえて遠回りをする」という手段もある

どちらも将来につながる可能性がある以上は、今しかできないことを優先するという手段もあるのです。

もちろん、一般解などは学習で補いつつ、ベンチャーでの業務を通じての成長を選択するということも全然ありです。

私自身は、事業会社における経営者になるというビジョンを持ちながら、なぜ戦略コンサルを経験したかというと、やはりベンチャーでしか経験のなかった自分に自信が持てなかったからです。だからこそ慎重になり、あえて「遠回り」をしたのです。

しかしながら、キャリアが長期戦である以上は「急がば回れ」的にあえて遠回りをして、その遠回りを通じて経験の引き出しを増やすという手段もあるのだと思います。

遠回りによって自分の中での知識や経験の引き出しを増やし、遠回りを労働市場における自分のとっての差別化要素とすることができればしめたものです。

臆病者の戦略とでも言いましょうか。その「一時的な遠回り」の結果、私は結果的には最短で経営者になるというゴールに近づけたと思っています。

ゴールが同じでも、どの手段を取るかの選択については、結局は自分の性格やキャリアに対する考え方によりますので、Jさんにとっての価値観や優先順位で決めればよいでしょう。

どちらの選択をすることがよりJさんにとっての将来のキャリア上の選択肢を増やしてくれそうか、そういった視点で選んでみてください。Jさんが教育関連で将来大きく成功されるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT