2つ内定をもらった、さてどっちを選ぶべきか

あえて「遠回り」をする戦略もある

次のキャリアとしてどちらを選ぶべきか迷っています(写真:Zephyr18/iStock)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

私は新卒で教育ベンチャーに入りマネジャーにも抜擢されましたが、14カ月で転職しました。しかし、2カ月でさっそく転職活動をしているところです。現在、外資戦略系コンサルファームと教育ベンチャーのオファーを持っています。どちらを取ったほうがいいかについてアドバイスいただけたら幸いです。
J

目指すゴールに向けての手段の違いでしかない

Jさんが非常にアクティブにキャリアを切り開いている様子が目に浮かびます。内定も複数、それも異なる業種からもらっているあたり非常に優秀な方なのだと察します。

この連載の記事一覧はこちら

さて、教育ベンチャーとコンサル会社のどちらを次のキャリアとして選択するかですが、こればっかりはご自身のキャリアに対する考えによりますので、正解はありません。

その選択はあくまでも、目指すゴールに向けての手段の違いでしかないのです。

最短距離で突き進み試行錯誤の中で成長を図るか、遠回りを通じて経験の引き出しを増やし勝負するか、その違いだけです。

割愛させていただいたご相談内容をみますと、Jさんはすでに長きにわたって教育に携わっていきたいという明確なビジョンを持ちですから、その道に進んで実務を通じて業界における経験や勉強をしていくのが当然の近道です。

次ページ自分は何を学びたいのかを明確にするべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。