東大生絶賛!「電子辞書」は最強学習ツールだ

「紙の辞書世代」ほど知らない3大便利機能

さて、10個発見できたでしょうか?

実はこのゲーム、僕は受験生にもやってもらっています。その英単語に付随する情報を調べてもらい、関連している言葉を連鎖的に覚えていくのです。そうすることで、一度で多くの単語に触れることができます。単語同士の関連を考えるためにとっかかりができて、ラクに覚えることができます。この方法で、英単語力が飛躍的に向上するのです。

これは英単語だけではなく、日本語の語彙力にも応用できる学習法です。たとえば「未曾有」という言葉の意味を調べるときに、その類義語を調べるのです。「未曾有」は「他に類を見ないほどまれな、極めて珍しいこと」を言います。その類義語は、「空前絶後」「破天荒」「前代未聞」などがあります。これを調べて、同時に覚えるのです。他の言葉と関連させて覚えておけば覚えやすいですし、1回で複数の単語を知ることにもなります。

しかし、この覚え方を実践するためには、その単語に付随する単語を、できるだけ早く調べる必要があります。

僕は「サーチングゲーム」を受験生にも社会人にも実践してもらっているのですが、2分以内に10個発見できない人も意外と多いです。「5分以上かかってしまう」「そもそも10個見つけられない」なんて人もザラです。

そこでぜひ使ってほしいのが、「電子辞書フル活用のための3つの方法」です。

検索から、もう一歩踏み込む「ジャンプ」

より深く広く調べる

先ほどのゲームをクリアできなかった人の特徴として、「一つひとつ検索している」ケースが非常に多いです。つまりは、googleで「Like 対義語」と調べて出てきた「Dislike」をメモして、「Like 同義語」で調べて出てきた「Love」をメモして……というように、1回の検索でひとつの情報を得るやり方です。辞書であれば「嫌い」という意味の英語を調べて「Dislike」をメモして……、といったやり方ですね。

実は先ほどのゲームを楽々とクリアできる人の多くは、「そこからもう一歩進む」ということを意識しています。つまり、「Dislike」の派生語や類義語を調べるのです。そうすると、「Dislike」には「Hate(嫌い)」や「Disgust(不快)」などの類義語があるとわかります。

1回調べただけでは終わらず、もう1回検索する。これによっていちいち検索する手間が省け、ゲームクリアにグッと近付きます。

電子辞書ならボタンひとつでジャンプできる!

そして電子辞書を使うと、このプロセスは1秒足らずで終わります。

「Like」のページに載っている反対語「Dislike」をクリックすれば一瞬でそのページにジャンプできます。さらに「Dislike」のページの類義語「Hate」「Disgust」をクリックすれば、また一瞬でそのページにジャンプできます。

次ページ電子辞書なら「複数の辞書」を横断できる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT