「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由

元偏差値35の東大生「僕も昔はそうでした」

「勉強はしているのに、成績が伸びない子」には、共通する「性格」があるといいます(画像:Kazpon / PIXTA)
「勉強しているはずなのに、成績が上がらない」「どれだけ本を読んでも身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた、「知識を増やすだけでなく『地頭力』も高められる」「速く読めて、内容も忘れず、かつ応用できる」という読書法を、新刊『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』にまとめた西岡氏に、勉強に必要な「性格」について解説してもらいました。

僕が2浪したのは「性格」が悪かったから

「成績が上がらない人のいちばんの問題点は『性格』である」……なんて言っても、否定する人のほうが多いと思います。

『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』は発売1カ月で12万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「勉強ができるかできないか、ということに性格なんて関係ないでしょう」「地頭とか、IQとか、勉強方法とか、そういう要因のほうが成績に直結するに決まっている」

そう考える人がほとんどでしょう。

でも、2浪して「頑張っても成績が上がらない」経験を誰よりもしてきた僕は、「成績が上がらないのは、やっぱり『性格』のせいだ」と思うのです。

これは僕だけの意見ではありません。浪人を経験したことのある東大などの有名大学の学生の多くが、自分が現役で合格できなかった理由を「性格がダメだったからだ」と答えています。

僕はこの質問を100人以上の浪人経験者にしてきましたが、実に6割以上の学生が「合格できなかったいちばんの要因」として「性格」をあげたのです。

「性格がダメだと志望校に合格できない」というのはどういうことなのか? 成績と性格に、どのような関係があるのか? 今日はそんなお話をさせてください。

次ページ浪人して東大に入った2人の言葉
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。