経済学で「現代社会のリアル」を読み解こう!

ネットには専門家の「頭脳プレー」が必要だ

本連載「経済学で読み解く現代社会のリアル」では、すでに活躍している経済学の専門家に加え、研究者の卵である後期博士課程に在籍する大学院生にも執筆してもらうつもりだ。

日々研究と関係ない雑事に追われ、研究のための時間を捻出することに四苦八苦している研究者よりも、博士論文を執筆している大学院生のほうが最近の研究動向について熟知しているということは少なくない。

筆者の共同研究者にもたくさんの大学院生がいる。筆者よりもはるかに優秀と感じることもある。そんな大学院生らにも参加してもらうことで、最新の研究を紹介できるのでは、と期待している。

身近な問題を経済学で読み解く

本連載では、主に次のような記事を発信していくつもりだ。

1.【研究】研究成果の解説
2.【総説】国内外の有力な研究の総説(レビュー)
3.【データ】データを使ったファクトファインディングや分析、解説など
4.【時事】時事に対する経済学的な解説

近年の経済学は「インセンティブのメカニズムを明らかにする」ことを1つの目的とし、私たちの生活により身近なさまざまな話題を扱っている。財政や金融のように経済的な事象を研究する学問という印象を持っている読者にも、きっと響く情報を発信できるはずだ。

ようこそ、「経済学で読み解く現代社会のリアル」へ!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。