誤解され続けているサメの知られざる正体

人食いザメなんて存在しません

沼口:ジンベエザメが17mくらいになります。

木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中(撮影:尾形文繁)

木本:クジラみたいにジャンプするサメもいるんですってね。

沼口:何種類かいます。

木本:「サメ=絶対怖くない」というのは、僕自身も経験しました。相模湾の海釣りのロケで、表層で休んでいる魚が見えました。カジキマグロかなと思ってルアーを投げました。そしたら船長が「あれはシュモクザメだ」と。かかったらどうしようと焦りました。ルアーが魚体近くにドロップしたので、食いつくなっと思ったら、一目散に逃げてしまった。「なんだ、サメって臆病なんだ」と思いました。危険察知能力が高いのかなと。

沼口:けっこう臆病ですね。サメからダイバーに近づいてくることは少なくて、人影を見たら遠くに逃げていくことがほとんどです。

木本:「ダイビング中にサメと遭遇したら死ぬ」と思っていましたが、ぜんぜん違うんですね。

それでもサメが人間を襲うワケは

沼口:ダイバーが襲われることはなくて、表層での素潜りや、パドリングでサーフィンしているときには、たまにアタックされることがあります。

木本:怒って襲ってくるんでしょうか?

沼口:バシャバシャという振動音に敏感なんです。サメも効率的に餌を捕食したいので、弱った魚を狙います。バシャバシャ音がその音に似ているのではないかと言われています。あるいは、サーフボードでパドリングしているシルエットが大好物のカメに見えてアタックしているかもしれません。

木本:だったら普通にダイビングしていれば、サメからはエサには見えないから……。

次ページ得体の知れないものはサメだって怖い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT