誤解され続けているサメの知られざる正体

人食いザメなんて存在しません

沼口:ジンベエザメが17mくらいになります。

木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中(撮影:尾形文繁)

木本:クジラみたいにジャンプするサメもいるんですってね。

沼口:何種類かいます。

木本:「サメ=絶対怖くない」というのは、僕自身も経験しました。相模湾の海釣りのロケで、表層で休んでいる魚が見えました。カジキマグロかなと思ってルアーを投げました。そしたら船長が「あれはシュモクザメだ」と。かかったらどうしようと焦りました。ルアーが魚体近くにドロップしたので、食いつくなっと思ったら、一目散に逃げてしまった。「なんだ、サメって臆病なんだ」と思いました。危険察知能力が高いのかなと。

沼口:けっこう臆病ですね。サメからダイバーに近づいてくることは少なくて、人影を見たら遠くに逃げていくことがほとんどです。

木本:「ダイビング中にサメと遭遇したら死ぬ」と思っていましたが、ぜんぜん違うんですね。

それでもサメが人間を襲うワケは

沼口:ダイバーが襲われることはなくて、表層での素潜りや、パドリングでサーフィンしているときには、たまにアタックされることがあります。

木本:怒って襲ってくるんでしょうか?

沼口:バシャバシャという振動音に敏感なんです。サメも効率的に餌を捕食したいので、弱った魚を狙います。バシャバシャ音がその音に似ているのではないかと言われています。あるいは、サーフボードでパドリングしているシルエットが大好物のカメに見えてアタックしているかもしれません。

木本:だったら普通にダイビングしていれば、サメからはエサには見えないから……。

次ページ得体の知れないものはサメだって怖い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。