誤解され続けているサメの知られざる正体

人食いザメなんて存在しません

沼口:サメ以外にも、ロウニンアジも来ましたね。

木本:GT(ジャイアントトレバリー)ですね。あこがれの魚です。

サメだけに存在する“第六感”

沼口:実はサメには第六感があります。特にシュモクザメは頭の面積が大きいですよね。それには理由があって、頭にロレンチーニ器官という、生物の微弱な電流を感知するものがあります。シュモクザメは海底すれすれに、頭をまるで地雷探知機のようにして泳ぐんですが、砂の中にいるエイやカニ、ヒラメを感じて捕食することができます。

木本:そのセンサーのためなんですね。

沼口:シュモクザメの頭がなぜあのような形になっているかにはいくつか説があるのですが、彼らを観察しているとこの仮説が腹落ちするような気がします。

木本:そういえば、相模湾の浜辺でシュモクザメが大量にいるから遊泳禁止というニュースが流れましたが、その判断は正しいのですか?

『ほぼ命がけサメ図鑑』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

沼口:シュモクザメに関しては被害例がほとんどありません。1982年に熊本でサメによる死亡事故が報告され、シュモクザメの可能性があると報道されましたが、科学的にそれがシュモクザメであったという証拠は出ていないようです。シュモクザメは夏に伊豆や相模湾、駿河湾辺りを回遊しているので、たまたまその浜辺を通ったのではないでしょうか。

木本:でも映画のジョーズみたいで、ちょっと怖かった。海面からスーと現れたら、人間はどうしたらいいんですか。泳いでいたら、挑発しないよう、動きは止めたほうがいいんですか。

沼口:挑発はしないほうがいいですが、普通に通り過ぎると思いますよ。

木本:そこを聞いておかないと、パニック起こしてしまう! おぼれなくて済むのにおぼれてしまう。もし、触ろうとしたら怒りますか。

沼口:触ろうとして噛まれたという例があります。刺激は与えないほうがいいですね。5~6mになるシュモクザメがいますが、相模湾に現れるのは1.5m程度で口も小さいので、万が一かまれても死ぬことはないと思いますよ。

木本:「人食いザメ」というイメージは払拭したほうがいいんですね。

沼口:はい。でも、大きなサメが現れたならば、安全ですとは専門家として言えません。ただちに海から上がるなど、相手は野生動物ですので、危険を避ける行動は必要でしょう。でも実際に死亡事故はほとんどないので、そこまで恐れなくてもいいと思います。

(構成:高杉公秀)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT