サメはどのようにして生まれ育っていくのか 「知られざる生態」の基礎知識

✎ 1〜 ✎ 43 ✎ 44 ✎ 45 ✎ 46
拡大
縮小
サメはどうやって生まれるのでしょうか?沼口先生の手の上に載っているのはネコザメの卵。具体的に教えてもらいました(撮影:尾形文繁)
今回は、子どもたちからも熱い視線を浴びているという「サメ」について学んでいます。講師は、世界で唯一のシャークジャーナリスト沼口麻子さん。サメが恐れる存在でないのはわかりましたが、夏休み4日連続特集の2日目は、より詳しく「知られざる生態」に迫っていきます。

サメのオスには2本の生殖器がある

木本:2日目は、サメの生態について伺っていきましょう。そこでいきなり、まずかこの質問から。サメにはおちんちんが2つあるのは、何のためでしょう。

この連載の過去記事はこちら

沼口:2つの説があります。サメのオスには交尾のための交接器(クラスパー)と呼ばれる生殖器が2本ありますが、1つ目の説は「生存に有利だから」。1本なくなっても繁殖行動が取れるようにするためだというもの。

もう1つは「進化の過程の名残り」です。魚は左右対称になっているので、1対の腹ビレが変形したからと言われています。

木本:腹ビレみたいに2つありますもんね。サメのオスは見分けやすいですね。

矢印部分がサメのクラスパー(写真:沼口麻子)

沼口:水族館で見るとすぐにわかりますね。腹ビレに付属物みたいにぶらぶらしてます。

木本:泳いでいるときは畳んでいるんですか。

沼口:ぶらぶらさせたままです。

木本:ふるちん状態ですね。ヒレの一部みたいなので、下世話なものには見えないですね。

沼口:2度ほど1本になったものを見ました。ほかのサメか別の生物に食いちぎられたのでしょうか、途中で切れて失われていました。それを観察したときに、私はこういうときに備えるというか、生殖器は大事だから2本ある説に説得力があると思っています。

次ページ傷ついたメスは“モテ女”の証明?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT