サメはどのようにして生まれ育っていくのか

「知られざる生態」の基礎知識

メカブそっくりな卵の殻(撮影:尾形文繁)

木本:卵も面白いですね。

沼口:卵もいくつか持ってきましたが、これがナヌカザメの卵の殻です。殻の形が種類によってぜんぜん違うんです。

木本:これ本物ですか? 普通の魚卵とは思えません。

沼口:これがタンビコモリザメという外国のサメです。

木本:これを産み落とすんですね、1つの殻には1匹しかいない。

沼口:ここに黄身があって、どんどん発生して、育ったら手の平サイズでポンと出てくる。それが魚とサメとの違いです。マンボウは1回の産卵で8000万個ほど(諸説あります)の卵を産みます。たくさん産んでそのうち1つが大きくなれば種の保存はできるという戦略です。サメはネコザメならば1シーズンで12個くらい産みます。

『ほぼ命がけサメ図鑑』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

木本:それほど敵に襲われにくいんですね。

沼口:まるで、メカブそっくりでしょう。こういう形状の卵殻を産んだ親のネコザメは、海藻の生えた岩場に、メカブそっくりの卵殻をくわえて、なるべく安全と思われるところに運んだりします。カモフラージュ効果はもちろん、流されにくいとか、海藻に引っかかりやすくとか、よりよく生き残るためにこういう形になったんでしょう。ナヌカザメの卵はツルが付いていて、それが岩に巻きついて流されないようにしています。

木本:海藻に引っ掛けて、形も似せて紛れさせるんですね。胎生のサメの特徴も教えてください。

お腹の中で共食いするサメも

沼口:胎生のサメもバリエーションがあります。母ザメのお腹の中で孵化して、自分の卵黄だけで成長する「卵黄依存型」と、お母さんから栄養補給を受ける「母体依存型」に分かれます。後者にはさらに3つバリエーションがあって、母ザメがエサとして未受精の卵を提供する「卵食型」。子宮ミルクという栄養を供給する「子宮ミルク型」。そして「へその緒」を介して栄養を与える「胎盤型」です。「卵食型」には孵化した子ザメ同士が母ザメのお腹の中で共食いするパターンもあります。

木本:受精する前の卵子を食べさせるなんて、すごいシステムですね。サメの生殖ひとつでも、これだけバリエーションがある。沼口さんの研究テーマは無限ですね。

(構成:高杉公秀)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT