誤解され続けているサメの知られざる正体

人食いザメなんて存在しません

サメといえば映画『ジョーズ』に出てくる「人喰いザメ」の印象が強烈。でも、実際のサメはどんな魚なのでしょう?(撮影:尾形文繁)
ごぶさたしております。好評連載「基礎から知りたい!」が久しぶりに復活しました。今回は夏休みということで、最近子どもたちにも人気という「サメ」です。講師は、世界で唯一のシャークジャーナリストを名乗る沼口麻子さん。まずは、サメってどんな魚なの?という生物的な疑問からわかりやすく解説してもらいました。本日から4日連続でお届けします。

イルカよりもサメが、ハードル低い?

木本:夏休みなので、子どもたちにもわかりやすくサメのことを解説してください。お話を聞くにあたって、テレビ収録の合間に『ほぼ命がけサメ図鑑』をスタッフの前で読んでいたら、「いま話題の本ですよね」と言われました。そもそも沼口さんはなぜ、サメの世界に飛び込んだんでしょう。

この連載の過去記事はこちら

沼口:小さい頃から生き物全般、魚類も哺乳類も好きでした。生物に携わる仕事がしたいと思っていたら、たまたま水産系の大学に受かりました。4年生になるとどこかの研究室に入って卒論を書かなければいけないのですが、面白そうなのがクジラ、サメ、イカ、マグロでした。イルカに引かれましたが競合する人も多く、哺乳類なので、サンプリングできないのがネックでした。簡単に殺して研究対象にできませんし、調査捕鯨船に乗って研究するのも女性にはハードル高かったんです。そこで大きくてかっこよくて生態も面白いのはサメだなと。大学1年の時に読んだ『サメ・ウォッチング』という翻訳本に、サメは怖い存在ではなく、研究も進んでおらず、「求む研究者」とあったのも魅力でした。

木本:僕も一緒です。「即戦力求む」という松竹芸能の広告を見て応募したんですよ。

沼口:で、サメの研究室に進みました。私が知っている範囲で言えば、教授が研究しているテーマを学生がやらされることが多いようですが、私の先生は放任主義でした。「好きにテーマを選んでいいよ。でも、責任持って卒論を書きなさい」というスタンスで。私は言われてやるのが好きじゃないのでピッタリでした。

木本:能動的に決めたいタイプだったんですね。

次ページ小笠原諸島の研究は手つかずの楽園
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。