世界「最凶」の毒を持っている生物は何か?

その毒を自ら体験した科学者たちがいる

危険な経験をしながらも、猛毒生物と出合うため今も世界中を駆け回っている生物学者、クリスティー・ウィルコックス(写真:アーロン・ポメランツ)

この世で、刺されるともっとも痛い昆虫は何か――。

毒ウニのトックリガンガゼモドキに刺された著者。この後、強烈なめまいと吐き気に襲われる(写真:クリスティー・ウィルコックス)

そんな恐ろしい問いに答える本がクリスティー・ウィルコックス(ハワイ大学博士研究員)による『毒々生物の奇妙な進化』(原著名:『VENOMOUS』)だ。この本では、体を張って猛毒生物の謎に挑む、ちょっと変わった研究者たちが数多く登場する。その中の1人、昆虫学者のジャスティン・シュミットは、冒頭の疑問に答えるべく、ある研究を行って「刺されると痛い昆虫ランキング」を作りあげた。

方法はいたってシンプルだ。自ら昆虫に刺されるのである。彼はさまざまな昆虫(41属、78種)の毒針に、進んでその身をさらしてきた。そして、その実体験をもとに、痛みを0.0(無痛)から4.0(底知れない苦痛)まで、ランク付けしたのである。

スズメバチの毒は「最凶」とはほど遠い

毒液をもつカモノハシの蹴爪(写真:クリスティー・ウィルコックス)

では、その恐ろしいランキングでナンバーワンの栄光に輝いたのはどの昆虫だろうか。

「刺されると痛い昆虫」といわれて、まず頭に浮かぶのはハチではないだろうか。たとえば、日本でもなじみのあるスズメバチはどうだろう。その一種、ホオナガスズメバチの痛みは2.0だ。シュミットによれば、「芳醇(ほうじゅん)で、力強く、ちょっと歯応えのある感じだ。手を回転扉に挟まれたときの痛みに似ている」。

次ページ世界最大のハチの場合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。