世界「最凶」の毒を持っている生物は何か?

その毒を自ら体験した科学者たちがいる

危険な経験をしながらも、猛毒生物と出合うため今も世界中を駆け回っている生物学者、クリスティー・ウィルコックス(写真:アーロン・ポメランツ)

この世で、刺されるともっとも痛い昆虫は何か――。

毒ウニのトックリガンガゼモドキに刺された著者。この後、強烈なめまいと吐き気に襲われる(写真:クリスティー・ウィルコックス)

そんな恐ろしい問いに答える本がクリスティー・ウィルコックス(ハワイ大学博士研究員)による『毒々生物の奇妙な進化』(原著名:『VENOMOUS』)だ。この本では、体を張って猛毒生物の謎に挑む、ちょっと変わった研究者たちが数多く登場する。その中の1人、昆虫学者のジャスティン・シュミットは、冒頭の疑問に答えるべく、ある研究を行って「刺されると痛い昆虫ランキング」を作りあげた。

方法はいたってシンプルだ。自ら昆虫に刺されるのである。彼はさまざまな昆虫(41属、78種)の毒針に、進んでその身をさらしてきた。そして、その実体験をもとに、痛みを0.0(無痛)から4.0(底知れない苦痛)まで、ランク付けしたのである。

スズメバチの毒は「最凶」とはほど遠い

毒液をもつカモノハシの蹴爪(写真:クリスティー・ウィルコックス)

では、その恐ろしいランキングでナンバーワンの栄光に輝いたのはどの昆虫だろうか。

「刺されると痛い昆虫」といわれて、まず頭に浮かぶのはハチではないだろうか。たとえば、日本でもなじみのあるスズメバチはどうだろう。その一種、ホオナガスズメバチの痛みは2.0だ。シュミットによれば、「芳醇(ほうじゅん)で、力強く、ちょっと歯応えのある感じだ。手を回転扉に挟まれたときの痛みに似ている」。

次ページ世界最大のハチの場合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT