本物の富裕層は「服装」への意識レベルが高い

1日に何度も着替えるのは当たり前

欧米の富裕層は、子どもの頃から「装い」に対する意識が高い(写真:DeanDrobot/iStock)
明治維新でチョンマゲを切って洋服を選んだにもかかわらず、150年たっても変な着こなしをしているのが日本人。ワシントンで世界のエリートとともに非言語コミュニケーションを学び、ニューヨークでビジネスを展開してきた安積陽子氏の著書『NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草』の中から、「富裕層子女の服装への責任感とは」をご紹介する。

「装い」に対する欧米人の意識の高さについて、私が10代の頃に実際に体験し驚いたことを、3つ紹介しましょう。

1日に何度も服を着替える

約20年前、私が中学生だった頃です。父がM&A(企業の合併や買収)の仕事で出会ったニューヨークのベンチャーキャピタリストの家に一時期ホームステイをしていたことがあります。そのホームステイ先で出会ったのが、伝統ある家柄のエリートや莫大な資産を持つ富裕層の子供たちです。

彼らの両親は、マンハッタンの一等地に家を持ち、郊外のリゾート地にも、サマーハウスと呼ばれるセカンドハウスをいくつも持っているような人々でした。

仲良くなった子供たちとは、海へ行ったりサイクリングをしたりとよく遊びましたが、そのときにまずびっくりしたことは、彼らが1日のなかで何度も服を着替えるという事実でした。

昔のヨーロッパの貴族たちが、時間や行き先に合わせて室内服や散歩着、乗馬着などに着替える習慣があったという歴史は、それとなく知っていました。しかし、21世紀のニューヨークで、しかも同世代の女の子が、昔の貴族のような習慣を維持している様を目の当たりにして、私はひたすら驚いたのです。なにせ私は、朝起きてから寝間着に着替えるまでのあいだに何度も服を着替えるなど、一度も考えたことがなかったのですから。

次ページ場所や会う人たちに合わせて変える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。