大人の男性には新品の「真っ白な服」が必要だ

35歳からの「清潔感を作る」5つのルール

人気スタイリスト・大草直子さんがアラフォーからの男性にすすめたい服とは?(写真:梅谷秀司)
大人気のスタイリスト・大草直子さん。その新刊に登場したご主人との2ショットが素敵で反響を呼んでいる。
前回前々回の記事で30代、40代と少しずつ体型が変わる中での女性のファッションについて取り上げたが、外見が変わる中で服装に困るのは男性も同じ。
そこで今回は、大草さんに男性ファッションについてインタビュー。「白はとにかく新品で! よれているシャツが素敵に見えるのは20代まで」など、アラフォー世代に必須の5つのルール“男性編”を紹介します。

歳を重ねた男性を素敵に見せる色

ルール① とにかく迷ったらネイビーを着ておく

――30代半ば以降の女性たちからは、「同世代や年上の夫のファッションにどうアドバイスをしたらよいのか、自分のこと以上に頭を悩ませている」という声も聞きます。年齢を重ねて変化を感じるようになってきた男性のファッションにコツはありますか。

そういえば、先日のイベント会場でも同じような相談がありました。まず言いたいのは、とりあえず迷ったら、ネイビーのトップスを着るべきということ。ネイビーは、歳を重ねた男性を素敵に見せる色だと思います。

実は女性よりも、男性の体型変化のほうが激しいですよね。また、顔の額縁にあたる髪型の変化もファッションに影響を与えます。女性と同じで、若いときと同じで良いということはないのです。

ルール② 白はとにかく新品にしておく

――アップデートが必要ということですね。清潔感がありつつ堅苦しく見えない、年齢にマッチする服装を望んでいる方が多いようです。

ネイビーのほかでは、“白色”を身につけるときに徹底して気をつけるべきことがあります。それは、とにかく新しいものにしておくということ。

中に着るTシャツも、上に羽織るシャツも、白色の洋服が少しよれていて素敵というのは20代まで。新しくて、洗いたてのものを用意してください。とにかく、“一点の曇りもない白”でないといけません。

襟の中が汚れてきて、頑張っても落ちなくなってしまったら、「部屋着」にスライドさせても良いくらいなので、そこから逆算して購入する値段を考えるといいと思います。

次ページTシャツの起源を考えるとわかりやすい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。