球場「ビール売り子」たちの可憐でアツい戦い

東京Dで展開中、サントリーのペナントレース

観客席だけでなくコンコースでも購入できる(筆者撮影)

東京ドームではビールメーカー4社(サントリー・アサヒ・キリン・サッポロ)が参入し、ビールなど飲料の販売を競っている。

東京ドーム側は、4社の売り子の数を同一にし、イーブンな条件で販売競争ができるようにしている。

そういう競争環境で、売り子と言う”花形プレイヤー”が日々売り上げを競っているのだ。

売り子たちを仕切っているのが場内チェッカーと呼ばれる裏方だ。

場内チェッカーは、出勤してくる売り子を、体調や勤務態度などでビール、チューハイ、角ハイと各飲料に振り分けていく。通常、新人はハイボールやウィスキーで経験を積んで、結果を出せばビールに回していく。

また基地で売り子のタンクの詰め替えをする基地チェッカーもいる。

ビールと他の飲料では売り方が異なる

「ビールは最初が勝負です。お客様が入場された瞬間から、勝負は始まっています。こちらから手を上げて、ビールが飲みたそうなお客様を見つけては、すかさず売っていきます。

4年目の高尾さん(筆者撮影)

ハイボールは、前に氷を積んでいるのでビールより重いです。それに、ほとんどのお客様はまずはビールを飲まれますから、しばらくは売れません。

その間、本当につらいですが、ひたすら動き回って自分の顔を売るんです。ここにいますよ、とアピールします。

一方でビールは途中で売れなくなります。でも、そこから差が出るんです。

売れなくても笑顔で客席をまわって顔を売って、コミュニケーションをとることが、その後の売り上げにつながっていきます」(高尾さん)

2年目の湯本さんも、「ビールを飲みたいお客様は、きょろきょろと売り子を見ています。それを見つけて、誰よりも私と目が合うように見つめるんです。目が合ったら遠くてもそこまで行きます」と話す。

ビールの販売競争で重要なのは、他のメーカーのブランドを飲んでいる人に、2杯目、3杯目に自社のビールを飲んでもらうことだ。サントリーでいえば、他社のビールを飲んでいるお客さんに、ザ・プレミアム・モルツを飲んでもらう必要がある。

「他社のビールを飲んでいるお客様にビールがなくなりそうなタイミングで、ザ・プレミアム・モルツいかがですか?と勧めます。お客様の表情を見定めないとクレームになりますから注意が必要ですが、いけそうだな、と思ったら思い切ってお勧めします。”じゃ、もらおうか”と言ってもらったらすごくうれしいですね」(高尾さん)

次ページ本当の売り子さんの世界
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT