球場「ビール売り子」たちの可憐でアツい戦い

東京Dで展開中、サントリーのペナントレース

彼女たちは揃いのユニフォームを着ているが、キャップにはそれぞれ異なる花飾りをつけている。覚えてもらうためだ。

うまくいけば、初めてビールを買ってくれたお客さんが次には「顧客さん」になる。彼女たちは、コスチュームと、笑顔と、コミュニケーションで、いかに覚えてもらうか、も競っているのだ。

売り子の責任者である前述のサントリーの小澤専任部長は、「ビールの売り子と言えば、ちゃらちゃらした世界だと思われがちですが、彼女たちは、体力的にも、精神的にもすごい仕事をしています。悔しかったら泣くし、ライバルに勝つために真剣にやっている。華やかさだけではないですね。この仕事をやり通せたら、どこの会社でも務まりますよ」

高尾さんは、「やはり普通のバイトでは味わえない達成感、やりがいがあります。もともと芸能の仕事がしたかったのですが、このバイトをして周りが見えるようになりました」と笑顔で話す。

「2年生なので、就活はまだです。明確な目標はありませんが、この仕事で学んだことを活かせる仕事がしたい」(海津さん)

学生生活で売り子の経験が大きかったと話した湯本さん(筆者撮影)

「内定をいただきました。ビールの売り子を2年やっていました、というと、面接官の方々の態度が変わりました。

自分の学生生活で一番大きかったのは、売り子の経験です」(湯本さん)

「缶ビールなら250円も出せば買えるじゃない、それをカップ1杯800円も出すなんて!」筆者は常々、妻からそう言われるが、この価格には彼女たちの「気持ち」も含まれているのだ。

おじさんは、球場で漫然とビールを飲むのではなく、カップに注いでもらう瞬間から、もう少し心して飲むべきかもしれない。

いざ、出陣!

東京ドームの各ゲートが開くと、お客さんが続々と詰めかける。

午後5時にはバックヤードの入り口に4社の売り子が整列する。4社は、同じタイミングで販売をスタートするのだ。こうしたマネジメントは、4社の担当者が1年ごとに持ち回りで行う。

「行ってらっしゃい」の声がかかると、売り子たちが満面の笑顔とともに隊列を組んで通路へと出ていく。

「出陣」だ。

出発を待つサントリービールの売り子たち(筆者撮影)

これと同時にバックヤードの奥にある「基地」では、基地チェッカーたちがステンレスの台の前に待機する。10リットルのタンクは、カップにして24杯。

入場直後の観客は「まずはビール」を求め、売り子の姿を求めて場内を見回す。次々とビールが売れていく。スタートダッシュがかかる。

次ページ詰め替えわずか十数秒、まさにF1のピット
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT